ハダカ祭りはまだ終わっちゃいないぜ!Norman Cook「toe jam」


先日のシガーロスに引き続き、またもハダカの話題ですみません
と、先に断っておきます。

Fat Boy SlimのNorman Cookのプロジェクト
The Brighton Port Authority」(ああもう、ややこしい!)の
PV「toe jam」です。


楽曲の脱力感とPVのアホさ加減は、暑苦しい今の時期にぴったり。


Fat Boy Slim、最近は全然聴いてないけど好きだったなあ。
ちなみにToe Jamって、「足のつめのあか」なんだそうですよ。

あの懐かしのメガドライブ用ゲームソフト
トージャム&アール」って、そういうことだったんだ!!
史上初のHIP HOPゲームって触れ込みだったなあ。

ちなみに「アール」の方はもっとお下品な英語だったので、
ここでは伏せておきますね。
キャラクターに「爪あか」とか「●ロ」とか、
アメリカ人のネーミングセンスはすごいなあ。

「喫茶 陶花」と「ケモノと魔法がとびかうツアー 管と弦とバンド!」


打ち合わせに寄った「喫茶 陶花」で、
岡崎京子さん「リバーズ・エッジ」の素晴らしさを切々と語るタロウです。
オーナーの村山さんが岡崎ファンらしく、久しぶりにお店に来たら
他のナチュラル感溢れるラインナップの中にドカッと居座る
岡崎軍団が居て、嬉しくなりました。
他のカフェも、もっとマンガを置いてくれたらいいのに!

その隣は、気になって買っていなかった、原田郁子さんの「ケモノと魔法」。
そう言えば06/29[日]に都久志会館でライブだったなあ行きたいなあと
思っていたら、お仕事の関係で行けることに。わ〜い。

こちらの出張tarologライブの感想を書いているので
お暇な方は見てやって下さいね。

ケモノと魔法(初回限定盤)
原田郁子 Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M) (2008-06-04)売り上げランキング: 2265

そして結局買ってしまう人。
M1「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」と
ラスト2曲「ユニコーン」「もうすぐ夜があける」の流れが好きです。

僕はピアノ弾き語りスタイルの人だと小谷美紗子さんみたいな
自分の信念を豪速球で投げてくるような人が好きなのですが、
特にラスト2曲には近いものを感じました。
限定版の本は、デザイナーの有山さんが郁子さんにあれこれ指示して
絵を描いてもらったそうです。人の才能を引き出す有山さんに
ナメック星の長老の面影を見た気がしました。僕も引き出されたいです。

<おまけ>

コーヒーの写真を撮ってみたら、全然暖かい感じがしなくてびっくり。
これ、冷めているわけではないんですよ!



御御苗 優 × 高槻 涼のTシャツ


毎年楽しみにしている、UTのマンガTシャツ。
今年は少年サンデーと少年マガジンが50周年ということで
あしたのジョーとか金田一少年とかバカボンとかの商品が販売されていて
興味ね〜な〜と思ったら、皆川 亮二さんの「スプリガン」「ARMS」の
ダブル主人公Tシャツが!!買いました。

中高生向けバトルマスターキートンみたいな内容の「スプリガン」が
特に好きだったなあ。あのスーツはいまでも欲しいです。

この調子で「とら」と「あるるかん」のダブル藤田Tシャツなんかも
是非リリースして頂きたいところ。山口のユニクロ本社に
念を送っておきます。


タグはこんな感じ。
今回の企画のためにわざわざ吹き出しのデザインにしているあたりが
さすがです。さっそくこれ着て仕事に行ってきます。

日曜日の仕事はめんどくさいな〜(超本音)。

ハダカのお付き合い - Sigur Ros「残響」


Amazonさんから待ちに待ったSigur Rosの新作
Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust(=残響)」が到着。
こ、このシールは…は、剥がしますよ…ウホッ(以下略)!

ジャケットの「裸」「青空」「ヒャッホーな感じ」から連想されるように
これまでの彼らの音楽のには無かった開放感、祝祭感(僕が大好きな要素!)に
溢れています。もちろん、静謐な空気や神秘的なイメージはそのままですけど。

M2〜M4の美メロなポップス路線にドキドキしていると、M5「Festival」で
一気に目を覚まされます。アイスランド生まれのシガーロスの音楽には
真っ白い氷山の中の洞窟で一晩を過ごして、目が覚めたときに飛び込んで来る
朝の光のようなイメージを持っているのですけど(ややこしい)、
今回、それが一番感じられるのが「Festival」です。

スヌーザーではやはり賛否両論ですが、
これまでのアルバムのような音楽が聴きたかったら、前の作品を
引っ張りだして聴いたらいいんじゃない?と思います。


先行シングル「Gobbledigook」。森や泉の中で遊び回る
男女の姿を映像化しています。僕たちのつまんない日常を、そのままどこかに
連れて行ってくれるようなドラムのズンズンズンズンというリズムが素晴らしい。
ラスト近くの女の子が落ちて行くカットが好きです。

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust
Sigur Ros XL (2008-06-24)売り上げランキング: 64




今回の音楽性の変化は、故郷・アイスランドの様々な場所で
無料ライブを行うという2006年のツアーの経験によるものが
大きいんじゃないかなあ。

この映像は、そのツアーが映画化されたDVD「Heima」の予告編。
もう景色とか人の佇まい、音楽全てが最高に美しく、
eさんと2人で涙しながら観てました。

映画としても相当素晴らしいと思うので、レンタル屋さんで見かけたら
是非一度ご覧になってください。

HEIMA~故郷
HEIMA~故郷
posted with amazlet at 08.07.03
EMIミュージック・ジャパン (2007-12-05)売り上げランキング: 1064


来日公演に行きたいけど、公演がある10月はradioheadと被っているので
予算的に厳しいです。誰かチケット下さい。

Radiohead×MARC JACOBSなTシャツ


ハイブランドと音楽を組み合わせた、遊び心のある洋服を作っている
Graphic Equalizer」さんに注文していたTシャツが届きました。
このTシャツをベースに、Radioheadの曲名「Paranoid Android」を
組み合わせています。もともとMARC JACOBSの本物の方が欲しかったので
さっそく購入。パクリ?人聞きの悪い事を言ってはいけませんよ!
愛のあるパロディって素敵じゃないですか!


タグもオリジナル。こちらも「Fitter Happier」という曲をイメージ。
ボディもAnvilみたいにゆったりとしたものではなくて
タイトで目の詰まったオルタナティブアパレル製なので
着心地やスタイルもとてもいい感じです。

元ネタを知っている人に見て欲しくって
出掛けるときには積極的に着ているのですが、今のところは「それって…」
というリアクションが帰って来た事がありません。
ライブに着ていこうかしら…。

OK Computer
こちらは両方の曲が入っている「OK Computer」。
内容もさることながら、ジャケットのデザインは自分の手持ちのCDの中でも
飛び抜けて素晴らしいと思います。

岸田君も日記で取り上げていたなあ…。

福岡発、デザインのニュースペーパー『YOCA!』創刊号


気がつけばもう7月!心の中ではまだ6/20ぐらいだと思っていました。
そんなこんなで以前にも紹介していたYOCA!」、6/23に創刊号が発行。
準備号だった前回は「TRAVEL」、今回は「FASHION」がテーマです。


福岡の「よか!」情報を発信するこの新聞、今回の注目は地元の6サロンによる
クリエイティブワークのページ。日頃の仕事では発揮する事のできない
こういった作品を紹介する事で、スタイリストを目指す美容学生や
この分野に興味を持つ人に、この仕事の可能性を感じてもらう事が
目的だそう。あ、でもこれ…へ…ア?


こちらはいろんな商品紹介のページ。僕が使っているJas M.B.
バッグの兄弟たちも載っています。


YouTubeも積極的に活用する人たち

他にも福岡を中心とした、デザイン関連の情報が色々載っているので
気になる方はこちらの配布店舗に拾いに行くのがいいと思います!

最近は新聞だけではなく、「YOCA! Editors Note」を開設して
妙に早いスパンで情報を発信しまくっている「YOCA!」。
今後も注目っぽいですよ〜。


YOCA! Editors Note - Art / Culture / Design From Hakata -
http://www.futuradesignlab.com/mag/

石橋美術館「パリ−ニューヨーク 20世紀絵画の流れ」


ヤカベさんに頂いたチケットで石橋美術館へ(ありがとうございます!)。
7/20[日]まで、「パリ−ニューヨーク 20世紀絵画の流れ
―フランシス・リーマン・ロブ・アート・センター所蔵品展―
」が
行われています。

普段は絵画に特別な興味を持っているわけではないので、
これは好きだなあ、これは…良いの?どうなの?と考えながらうろうろ。
「あ、これはとても好きだけど誰のなんだろう…」と思ったら
ムンクの作品でした。「意外と見る目あるじゃん!」と急に調子に乗る僕。

シャガール、ピカソ、セザンヌからポロック、リキテンシュタインや
ウォーホルなどのポップアートまで。
初めて観るベン・シャーンの作品が素敵だったなあ!

ヨーロッパとアメリカの絵画を並べてその変遷を辿る…という展示で
ただ絵が並べられているのではなく、時系列によって編集されているので
とても見やすかったです。点数が多くて一時間そこそこでは
全部を観る事ができなかったので、また行きます。行きますとも。


で、鑑賞時間が取れなかった理由の一つが、美術館の周りの美しい庭園。
日本庭園(定義は分かりませんが)や
イングリッシュガーデン(こちらも定義は分かりません)、
椿園からバラ園まで、和・洋取り混ぜた構成の庭を歩いていると
こうした水や植物、動物、光の美しさを忘れては、過去の画家たちが描いた
美しい風景やその他もろもろの美しさも感じることが出来ないかも
しれないなあ…と思いました。

それを思い出させてくれた石橋美術館&ブリジストン会長の石橋さん、
ありがとう(知らなかったけどブリジストン、久留米にあったんですね)!


雨の日は緑が綺麗なので、嬉しそうなeさん


スウェーデンかどこかのバラ。バラの種類と数はかなりのものでした。
5月はピーターラビットのイベントも行われていたみたい。



こま2さん向けに。丸いカッパって珍しくないですか??


そして自信満々の小便小僧。「どうよ?」って感じのポーズが笑えます。

そして久留米ラーメンを食べて帰ったのですが、前日までの過酷な労働で
肩こりからの頭痛と嘔吐感に悩まされるのでした。眠れなかった…。

石橋美術館は、天神から西鉄で600円で久留米駅へ。
そこから歩いて15分ほどで行くことができます。
敷地内には抹茶やコーヒー、ランチが頂ける「楽水亭」や、図書館もあります。
ここのために久留米まで行きたくなるような、素敵な場所でした。


石橋美術館 | ISHIBASHI MUSEUM OF ART
http://www.ishibashi-museum.gr.jp/

<お礼>この庭園はカワシマさんのブログで紹介されたのを見て、
興味を持ちました。ありがとうございます!

古い機械で作られた、SFチックなRadiohead「Nude」


WEBを巡回していたら、こんな映像を発見。
1:10辺りから曲が始まりますよ〜。どこかの学生さんが作った、
古い機械やコンピュータを使って作った装置で、Radiohead「Nude」を
自動演奏する映像。音楽自体も凄いですが、この映像のトーンも
ダークで素晴らしいと思います。

本当にリアルタイムで演奏しているのか、
各パートの映像を繋いで作っているのかは
これだけだと判断出来ないのですが、映像の完成度に感激しました。
とりあえず、みんなに見て欲しいので載せてみた次第です。

In Rainbows
In Rainbows
posted with amazlet at 08.06.25
Radiohead Xl (2007-12-27)売り上げランキング: 779

「Nude」が入っているのはこのアルバム。名盤!というよりは
安定して聴ける感じの1枚です。入門用にも。
さいたまスーパーアリーナが今から楽しみで仕方が無いです。

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust
Sigur Ros XL (2008-06-24)売り上げランキング: 45


明日は注文していたシガーロスのアルバムが届きます。
10月は来日公演ということで、同じ月にRadioheadも来るけど
こっちも行きたい!というか行きます!

ちらし寿司的な、何か。


先週末、以前の職場の皆さん数人が家に来て下さって、手巻き寿司大会。
これまでサラダやマリネにしか使っていなかった伊万里の「西岡醤油」さんの
すし酢、初めてお寿司に使ってみたら大変お手軽に寿司めしが出来て
驚きました。もうすぐ無くなりそうなんですけど、
サイトではお醤油とかお味噌しか通販できないっぽいので残念です。

翌日、残ったごはんと野菜、カニ缶でちらし寿司的な、何かに。
事務所に冷蔵庫があるのでお弁当に持って行って頂きました。美味でした。
普段は料理すると言ってもせいぜいこの程度なので、
料理とかするんですか?と聞かれたときにはいつも
「あれを料理と言って良いものか…」と頭上をヒヨコが飛びます(気絶!?)

あ、みなさん、また遊びに来てくださいね!


さらにその前日はお仕事の営業アーンド
「洋服とか美容室の仕事を扱っているのに夜遊びが出来ない人なんて!」
という建前と、普段は全くクラブという場所に行かないのでちょっと気になる
…興味本位で福岡ではたぶんとても大きいクラブ、O/Dへ。
仕事を早めに終わらせて行きました。

DJのアレックスフロムトーキョーさんにご挨拶し、名刺を渡して
何人かのお客さんを発見してご挨拶し、お仕事は終了。

あとは会場の雰囲気にのまれてフラフラフラとしていました。
お友だちや知人が何人か居てくれて、よかった…。
おしゃれな人への道のりは、長そうです。

甘木シティに行ってきました


お仕事の打ち合わせのため、西鉄電車で初めての甘木へ。
1時間以上もかかるんですねえ。知りませんでした。


せっかくのチャンスなので、ここぞとばかりに読みかけの本を
ガシガシと進めます。最近は原稿を書く仕事も増えたし
このごろ本を読んでいなかったので、改めていろいろ読んでみようという
脳内キャンペーン中なのです。
(ちゃんと仕事の資料にも目を通したりもしてるんですよ!)


いい感じの駅名チェックも忘れずに。


そして少しだけ仕事。初めての場所はだいたい楽しいです。


帰りの電車待ちの時間でお昼ごはんを。時間がないのでパン屋さんへ。


コロッケパンと豆パンを買ったら、「昨日のパンですが…」と
メロンパンとクリームパンもおまけして頂く。デザート!?
今日はいい具合にビームが出てたのかもしれません。


帰りにも素敵な駅を発見。まだ駅。どこまで行っても「まだ駅」。


いつの間にか福岡にもICカードが流通していたのでした。
存在は知っていたけど、もう使われているとは。
ところでこのフェレットのキャラクターですが、微妙に手塚感を感じるのですが
どうでしょう?この、まつげの辺りが似ているのかなあ?
微妙にセクシーなボディラインとか?
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52