ARTS修了。養成されたかな?


『宣伝会議アートディレクター養成講座』、土曜日に全ての講義が終わり
仲條正義さんに修了証を頂きました。

「視覚は言葉に勝るよ」というような事を講義でおっしゃってたんですが、
ポスターなどのお仕事を見ると、コピーが無いものがほとんどなんですよね。
あれだけ画がすごいと言葉が無くても伝わるんでしょうね。
恐れ多くてあんまりコメントできないですけど。


講座に参加するまでは自分の会社の人以外のデザイナーさんと
話す機会がほとんど無かったんですが、この講座を通じて
いきなり30人近くのデザイナーさん(とそれに近い職種の人たち)と
知り合うことができてとても嬉しいです。

今はmixiとか便利なものがあるんで、知り合った人と
全く疎遠になったりすることが減って、さびしがり屋にとっては
良い世の中になったものだなあ、と思います。

僕のフルネーム、かなり覚えやすいのが自慢だったんですけど
どうもみんな覚えてくれないらしく、何人かの同級生の方からの
mixiのメッセージで「ひょっとして、ミサコさんですか?」と
尋ねられたので、わかりやすいようにプロフィール写真を
↑のPLAYハートとにわか煎餅のバッジに変更してみました。

バッジは講義のときに水口克夫さんから「それは何?」と
ツッコミをいれられたものなので、たぶんわかる人にはわかる筈…。

今後ともみなさま、よろしくです。
なんか楽しいことがしたいですよね!投げやり!

峯田マーヴェラス

銀杏BOYZのサイト
http://www.hatsukoi.biz/


がリニューアルされて、大変なトップ画像に!
女子の人は見ちゃダメ!!!!!!!

相変わらず峯田くんは素晴らしいなあ。
ライブページの写真もすごく好き。ここはどこですか?岩の上?

そろそろ福岡にも来てくれないかなあ。
去年のサンボマスターとの対バンライブ、本当に素敵だったんですよ。


<翌日>
あれ〜、眠れなくてちょっとお酒を飲んだらこんな投稿になってる!?
いつもとテンションが違って変な感じだなあ。
今日はこれから講座の最終日にでかけてきま〜す。

F-ADC 春の勉強会

葛西薫の仕事と周辺
葛西薫の仕事と周辺
posted with amazlet on 06.05.26
葛西 薫 六耀社 (1998/06)売り上げランキング: 87,525


福岡アートディレクターズクラブが主催する『F-ADC 春の勉強会』に
カジワラさんの計らいで宣伝会議メンバーでお邪魔してきました。

今回はサンアドの葛西薫さんと高井薫がゲスト。
まさか葛西さんにお会いできる機会があるとは思っていなかったので
紺ブレにチノパンの先生ルックで現れた葛西さんを見たときは
心の中でものすごく盛り上がってしまいました。

スライドで高校生のときに作った卒業文集の表紙や
印刷所に入社して初めて作ったチラシ、
ユナイテッドアローズの広告で、画家のトッカフォンドさんに
イラストを発注するときのラフスケッチや
ウーロン茶のCMの絵コンテなど、興味深すぎる資料が次々と
出てきたので、メモを取るのをやめて眼に焼き付けてきました。

お話の中で葛西さんが
「今でも自分がこの仕事に向いてないんじゃないかと、毎日思う」と
おっしゃっていたので名刺交換の際に
「毎日、他の仕事をした方が良いんじゃないかと思ってしまうので
今日のお話にはとても励まされました」と僕が言うと

「これはもう一生続くからね、仕方がないよ」

と答えられたので、そうか一生続くのかどうしよう…と思うのと同時に
葛西さんほどの人でもそんな感じなら、仕方が無いと
少し開き直って気が楽になったような気がします。
もうちょっとがんばってみようかな。


カジワラさん、ありがとうございました。
あとでトラックバックを送っておきます。
あ、高井さんのことを忘れてた。

初胃カメラ

なんか最近

この人、話長いなあ…(痛ッ!)
なんでこんなめんどくさい仕事を…(痛ッ!)
明日が来て欲しくないなあ…(痛ッ!)
あ、講座の課題やらなくちゃ…(痛ッ!)

とか、何かイヤなことがあると下腹部が痛むということがあって、
「ついに僕もストレスで胃潰瘍にでもなったか!?」と
心配になったので胃腸科に行ってきました。

症状を話すとさっそく胃カメラを呑むことに。
初体験だったんですけど、どう考えても苦しそうだったので
精神安定剤みたいなのを打ってもらって挑戦。
注射を打ってもらうまでは記憶があったんですが、
気がついたらベッドで2時間近く寝てました。

看護婦さんがニコニコしながら
「意識が無くてよかったですね。すごく苦しそうだったから」と
言っていたので、意識があったら…と想像すると恐ろしい。

結局胃潰瘍とか穴があいてるということはなく、
胃酸の出過ぎなんじゃないかということで薬をもらってかえりました。

CTスキャンとか胃カメラとか、お金かかりますよね.
会社の人に『◯◯◯◯◯円かかりました〜』って笑顔で報告したら
「そのお金で人間ドックに行った方が良かったんじゃない?」と
言われてしまった…確かに。

◯今日の病院
大串胃腸科内科クリニック
092-712-6008
福岡県福岡市中央区天神3-7-31 N天神ビル1F


病院自体は昔ながらの病院といった感じで良かったっすよ。

初ナイキ


長年のあいだ、突然やってくる頭痛に悩まされていたので
ついに病院に行ってきました。

頭痛に強いと噂の、赤坂にある「大神脳神経外科」
http://www.bekkoame.ne.jp/~ohgami/


生まれて初めてCTスキャンを撮りましたが、異常はありませんでした。
原因は主に首の運動不足から来る緊張性の頭痛ということで
首、肩、腰の神経が集中しているお尻に筋肉の緊張を緩和する
注射を打ってもらい、運動不足を解消するための
簡単な運動を教えてもらいました。
これだけで、わりと頭痛の頻度が減っているから不思議。

ただ、体操だけだと運動不足の根本的な解消にはならない…と
いうことで、運動するために初めてのナイキのスニーカーを
買ってきたのです。


というのはもちろん言い訳で、単に派手な色のスニーカーが
欲しかっただけなんですが。
普段の格好が地味なので、色が足したかったんです。
ナイキ、形が大きいからあまり好きじゃなくて
le coqとかPUMAとかを愛用していたんですが、
履いてみると想像以上に歩きやすい!買って良かった〜。

ちなみに「NIKE ELITE」という名前の1976年のランニングシューズの
復刻版だそうです。こういうのを覚えるのは好きです。

chatmonchy has come

今月もいろいろ邦楽のアルバムCDを、仕事をしながら
ぼへ〜っと聴いています。
買ったのは
サンボマスター、小谷美紗子のアルバム。
借りたのは
真心ブラザーズ、アン・サリー、ウルフルズ、
ポメラニアンズ、DOPING PANDAなどなど。借りすぎ。
最近は洋楽を聴いてないなあ。

恋の煙

先輩から借りていた「すごくいいから!」と借りていた
「チャットモンチー」という変な名前のバンドのミニアルバム、
chatmonchy has come 」。
前にPVを見た感じでは
「あ〜、またJUDY AND MARYを意識した感じの人たちが出てきたな〜」
という感じであまりいい印象ではなくて、
何ヶ月も部屋に放置していたんですが
大好きなSUPERCARのいしわたり淳二さんプロデュースというのを知って
改めて聴いてみたところ、1曲目の「ハナノユメ」の

♪薄い紙で 指を切って
赤い赤い 血がにじむ
これっぽちの刃で 痛い痛い 指の先

という出だしのフレーズでもう「好きだ〜(←告白)」と
いきなりファンになってしまいました。
この手の歌詞に弱すぎる僕。あんまり大きな声では言えないけれど
今年聴いたアルバムの中では今のところ1番気に入っています。

↑のジャケットはまた最近出た別のシングルのものだけど、
撮られ方が最後らへんのSUPERCARっぽい気がする。
同じ人が撮ってるんですかね〜。

くるりの岸田くんの岸田日記でも
 日本も捨てたもんじゃない。

 最高のロックバンドが頭角を現してきた。もうご存知の方も多いと思うが「チャットモンチー」はすごい。何がいいって、普通にいい。これっていちばんかっこいいことやね。歌詞がちゃんと聴き取れて、景色が見えること。それだけで岩転がるもんな。このバンドには嫉妬をする。自分たちのデビューの頃を思い出した。

と、かなり褒めてます。
まさにこのコメントの通りだと思うので
これ以外の褒めかたが今のところ思いつかない…。

改めてPVを観ても、音は同じなのにCDだけで聴いたときの方が
印象が断然良いのは、歌詞と曲だけで絵が浮かぶのに
PVではわざわざセットを組んでイメージ映像を挟んだりしているから、
心の中で「そんなにショボい映像じゃない!」と拒絶反応が
出ているのかもしれないです。
映像自体はそんなに悪くない気がするけど、バンドのイメージと
合ってないのかな。

YouTube - Chatmonchy - Hana no Yume
http://www.youtube.com/watch?v=NNhMjD2pOJ4&search=chatMONchy


最初はあんまり意識していなかったメンバー3人の見た目も、
なんとなく「かわいいかも…」という気になるから不思議です。

7月には1stフルアルバムが出るので、しっかり買わせて頂きます。

ところでバンド名、変えてくれないかなあ。
ほら、いしわたり淳二さんに付けてもらったらいいじゃない…。

いろいろDESIGNING?


明日(5/21)まで、福岡市内で『DESIGNING?』という催しが
行われています。公式サイト(http://www.designing10.jp/)によると
インテリア・プロダクト・ファッション・フードなど”生活デザイン”に関わる企業・ショップ・デザイナーなどが自社ショップ・ショールームやイベント会場で、独自のデザインイベントやワークショップを展開し、それらをリレーで展覧・体感できる、5月17日[水]から21日[日]までの5日間だけのエキシビジョンです。
福岡のみならず、九州の地場産業の活性化もサブ・テーマとしているため、ブースによってはプロ向けのトレードショーも行われます。
第2回となる今回は、TVや雑誌でも話題になった大川家具と若手デザイナー・十数名との共同開発による、大川デザイニングプロジェクトも初出展します。

だそうです。
「なんかこういうコジャレたイベント、苦手だな〜」と
去年も思っていたはずなのに、気がついたら去年に引き続き
昼休みを活用していろいろ回ってしまった…。

写真はたぶん大名のトゥモローランドで行われている(はず)の
ワイヤーアーティスト・マリー・クリストフさんのディスプレイ(のはず)。
前に仕事で東京のトゥモローランド本社(だと思う)を通りかかったときに
綺麗だな〜と思って撮っておいたもの。

実施されている75のイベントのうち、行くことができたのはこんな感じ。

04
OKAWA DESIGNING PROJECT / HAKOMONO PRODUCTS
http://the-house.tv/designing/okawa/


05
ASUKA KOUBOU
木で遊ぶ子どもから、木を遊ぶ大人まで。
http://www.rakuten.co.jp/asukakobo/


06
LLOYD'S ANTIQUES HAKATA
「THE LIGHTING」

07
RHYMO + VIA BUS STOP

08
SHINWA CO. + SOME ARTISTS + LOVE GALLERY
BOOK,DESIGNING!?

09
OUT TO LUNCH + ON ZA LINE
ON ZA LINE SOLE EXHIBITION - Money & Chocolate -
www.out-to-lunch.jp


18
FUKUOKA MITSUKOSHI 8F
Re-Mixスタイル

57
B・B・B POTTERS + F-ADC
福岡adc + 有田焼きによるプロダクト展「SONZAI」。
http://blog.goo.ne.jp/kaneko0420


69
DAFE + DICE PROJECT
「いろは」な気持ちでリニューアル「風景のいろは」in Tamagawa。

こうやって並べると、すごい一生懸命行ってる人みたいでいやだなあ。
ほとんどリバレインと冷泉荘で済ませているだけなんですよ!


中洲川端の冷泉公園の近くにある『冷泉荘』
http://kawabata.travelers-project.com/top/
初めて行ったけどすごく好きな場所でした。
あと3年で取り壊される予定のマンションに、いろんな人に
お店を出してもらってるらしいです。お店ごとに出ている旗がかわいい。
BY TRICO系列の人たちがやってる「OUT TO THE LUNCH」、
スケーター詩人のマーク・ゴンザレスさんの商品を扱ったりしている「LOVE GALLELY」、
シアタープロダクツの洋服を置いている「THREE PEACE」
あたりは今後もちょくちょく寄ることになりそう。


壁が白とシアンに塗り分けられていてオシャレです。
瀧本幹也!とか心の中で叫んで写真を撮ってみたり。

時間がなかったから全部は見られなかったけど、
他にも絵画教室や料理教室、カフェや駄菓子を置いている
お店の存在は確認したので、次回の楽しみにしよっと。

あ、話が飛んだ。
5日間で終わってしまうのがもったいないと思ったので、
みんな見に行けばいいのに!と思って
いろいろ書いてみました。

トム・ヨークがソロデビュー

LONDON?TOKYO STYLE:Radioheadのトムヨーク、ソロデビュー決定 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/tokiolondon/archives/50402001.html


大好きなNigel Godrichのプロデュースでアルバムは7月に発売だそう!
「Radioheadよりもっとビートが強くてもっとエレクトロニックな曲調」
ということで、かなり期待しています。

KID A
KID A
posted with amazlet on 06.05.18
Radiohead Capitol (2000/10/03)売り上げランキング: 70,911

Radioheadを知ったのはたしか6年前に
高専の卒業旅行で友人と行ったソウルで、
当時メロコア/ミクスチャーバンドも好きだったので
まだ聴いたことの無かった『zebrahead』を聴いてみようと思って
間違えてこのCDをジャケ買いしてしまったのが出会いです。
我ながら、アホだ〜。

で、聴いてみたらこれまで聴いたことの無かったような音と
ヴォーカルのトム・E・ヨークの、CDジャケットの氷山を
思わせるような歌声にすっかり信者になってしまい、
今に至ります。

Slowly Downward
Slowly Downward
posted with amazlet on 06.05.18
Stanley Donwood Adam Rickwood Ambrose Blimfield Naked Guides Ltd (2005/08/22)

Radioheadのデビュー当時からアートワークを担当している
Stanley Donwoodさんの作品がとても好きで、
最近(といっても去年)出版されたこの作品集も
まだ買ってないけど見てみたいな〜。
紀伊国屋とかで買ったら高いんでしょうけど、Amazonだと
洋書も適正価格で買えるので良いですよね。
(と言いつつ、一度も買ったことが無いのは基本です)


Radiohead未体験な方は、

Radiohead - No Surprises
http://www.youtube.com/watch?v=qqsyXdj_p_I


あたりから入門すると魅力が伝わるのではないか思います。
この曲を以前、親戚のともえちゃんがご両親に手紙を読むときにBGMで
流していて、ビビりました。

スリップストリーム

今週は某施設のオープン告知の雑誌広告を作っております。
この施設、デザイナーの方がロゴや書体などの視覚的な要素を
細部にわたって用意してあるのが特徴で
僕自身そのデザイナーさんがとても好きだったので
代理店さんが「これの制作は(僕の職場以外で)どこにお願いしますかね〜」と
言っていたところを、「是非ウチに(というか僕に)!」と、
いつもなら考えられない程のやる気を見せつけて仕事を頂きました。

さっそく送られてきたロゴや書体を見ながらニヤニヤ。
もともとの形がすでに綺麗なので、レイアウトを組んでみても
いつもよりなんとなくデザインができる人になってる!?気がする。

すごいなあ、と思ったのはどんな風に作っても
元の人の作ったデザインになってしまうところ。
僕との力の差がありすぎると、いうのも当然あるんですけど
デザイナーさん本人が直接関わらなくてもちゃんとしたものが
出来上がって来る、というのが
アートディレクションの理想型の一つだよなあと勝手に納得。

CIとかVIを設計できる人って、憧れます。
マニュアルとか、色見本は参考にさせてもらおう….
CMYK値とか、数字を見たら普通なんですけど
なんかオーラが漂ってますもんね。

おかげでいつもよりはデザイン的にだいぶ整ったものができそうです。

菱川勢一さんの話

残すところはあと2回になった、アートディレクター養成講座に
行ってきました。今回の講師はスタンダードシリーズの菱川勢一さん。

出されていた課題が「プレゼンテーションのデザイン」というお題で、
企業のスローガンと企業広告を作り、
自分のデザインを自分なりにプレゼンしてみよう、というもの。

僕は「ベスト電器のスローガンにしよう」「ベスト電器の『ベスト』って何よ?」
「それはお客様の『ベスト』なパートナーでありたいという、ベスト電器の
姿勢なんですよ」ということで、ベタだけど「暮らしのベストパートナー」か
「BEST PARTNER」で行こうじゃないか!と方向を決定したまでは
良かったのですが…。

ここで、ピタッと頭が止まってしまいました。
「企業広告って作ったことないんですけど…。」

企業広告って新聞を1面使って
コピーライターの人が一生懸命文章を書いてる、
例えばミツカンのこんなやつとか、トンボのこんなやつ
勝手に想像してしまっていて、「そんなの書けね〜ズラ!」と
思っているうちに時間が過ぎてしまい、
思い直して「スローガンと絵だけでも良いんじゃない?」と
気づいたときにはすでに講義の当日でした。

GWを挟んで時間もあったはずなのに、いざ課題にかかろうとすると
やる気が無くなって急に眠たくなったり、急にスネだして
「別に一生懸命にならなくても…」とか思ってしまったりして
結局完成出来なかった…不覚です。本当に。

課題はできなかったものの、
講評のあとの講義の時間にとても真摯に話をして下さって、
もう本当に「その通りです」「その通りです」と心の中で
僕は何度も頷いていました。
最後に聞いた「あなたが考えたそのアイデアを、大切にして下さい」
という言葉が印象的でした。
菱川さんの日記に今回の講義の感想が書いてあります。


全然知らなかったんですが、以前すごく気に入って
ずっと部屋に取っておいていたDIESELの2004年秋冬カタログ
"DIESEL DREAMS"に参加されていました。


このカタログの特徴は、全ページがこんな感じの眠っている人の写真で
袋とじになっていて、内側にそれぞれの人の見ている夢が描かれている、というもの。


こんな感じです。"sei hishikawa"って読めます?
で、巻末のDVDにそれが映像として収録されているんです。
菱川さんはその夢の中の一つ"The Light Is Lookig Me"を
担当されています。


講座もあとは最後の仲條正義さんを残すのみとなりました。
最後ぐらい、ちゃんとしなくちゃ。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52