そうだ菊池さんに聞いてみよう



なんか体調が戻らないんですけど、がんばってま〜す。

JAGDA ONE DAY SCHOOL in KUMAMOTO
「デザインの新しい風」

という催しがあるそうなので、土曜日は熊本に行ってきます。
なんか「講座荒らしか!?」というぐらいの勢いで
いろいろ行ってますけど、
今回のはBluemarkの菊地敦己さんに会えるので仕方ない。

ホントのきもち

PRESTO(DVD付)

テイブルと

家紋帳

岸田くんと矢野顕子のCDシリーズも、
minaとかsally scottのいろんな仕事(いちばん上の写真)とか、
男性のデザイナーが作るものに自分がどうしてこんなに萌えるのか、
直接お会いしてぜひ確かめたいところです。

菊池ゼミ、ドラフト関本さんゼミ、サンアド高井さんゼミがあるけど
迷わず菊池ゼミを選択して、4000円振り込んだ次第。
レッツメガネ男子☆

<参考リンク>
bluemark
http://www.bluemark.co.jp/


菊地敦己(Bluemark):Macが規定するデザイン思考
http://www.apple.com/jp/pro/profiles/kikuchi/

仕事について

・CMの試写を見て、ひとりで爆笑(ごめんなさい)。
・夕方、レギュラー仕事のうちの1つを入稿しました。
・もう1つのレギュラー仕事は進行中。
・さっき、プレゼンテーション用のデザインを納品しました。
・もう1つの仕事は僕が持ちきれないので新人さんにお任せしました。
・もう1つのプレゼンは取りかかれないので週末に準備をすることにしました。
・代理店さんから他の2人の指導もちゃんとやってよ〜とプレッシャーが!

…ん?仕事がいっぱいあって大変だということをアピールしたいのか?

毎月、入稿が重なるこの時期になると寝不足で体力は落ち、気力も萎え、
すっかり消耗しきって「もう死ぬ!」とか思ってしまうのですが、
淡々と仕事をしているとなんとなく終わっているのが不思議。


忙しくなるとだんだん自分の今後のことが不安になり、
「これから自分は何をしたらいいんだろうか?」
などと、真夜中に23インチの明るすぎる液晶の光を全身に浴びながら
考えたりするわけですけど
仕事が落ち着いてくるとそういった気持ちが
どこかに行ってしまうんですよね。
あ〜嫌だ嫌だ。もっといろんなことを真面目に考えたいのに。


関係ないけど、PS3のガンダムを見ましたけど動きがひどすぎる。
モーションを作った人はこれで納得しているのかなあ。
EAのテニスゲームはあんなに楽しそうなのになあ。。

というわけでPS1の「フロントミッションオルタナティブ」の
動きを見て反省してください。

↑10年前のミサコさんの青春その1
「ガングリフォン」と並べて心のロボ芸術作品なので
暇な人は見てみてくださいませ。
敵機が攻撃動作に入る前に自機のが回避を始めているあたりがツボ。

何で仕事の話からゲームの話に行くのかわかりませんけど
眠たいからです。たぶん。
オタクの人が趣味の話を始めると手に負えませんよね。
あ〜やだやだ。しごとしよ。

Design Tide in Tokyo 2006 その2


うえ〜今日も仕事だった・・・。
仕事が立て込んできてなかなか更新できないので、
ざ〜っと走り書き。

前回の続きで、まずは表参道ヒルズへ。
このあいだ東京に行った時は1瞬で帰ったんで、改めましてって感じで。


地下で行われていた「BLICKFANG」というイベント。
スイス、ドイツ、オーストリアのデザイン見本市で、各国の人たちが
インテリア、洋服、雑貨などを持ち寄って展示や販売を行ってました。
恐ろしくかわいいポーチや財布を作っているおば様がいたなあ。
僕が女子だったら絶対買ってる。


TORAYA CAFEで念願の「あんペースト」を買いました。
これさえあればいつでもあんこ(大好物)と一緒!
こしあんではなく、やわらかい羊羹っていう感じです。
ラベルは葛西さんかな?この標本のような古本のような味わいは。


青山のスパイラルで、D-BROS展を見ました。
段ボールを重ねて紙を貼った白馬の鞍にこれまでの製品が並んだり、
展示の方法はいろいろ(撮影は禁止)。
ここで来年の手帳を購入。


さらに歩いていたら気になっていた「CIBONE」を発見。
インテリアと生活用品のお店だと思ったら、立派な洋服のスペースがあったり
ギャラリーがあったりと、かなり楽しい空間。
わ〜近所のナフコと入れ替わって欲しい☆


女性4名のユニット「FRONT」のランプ。
部屋の真ん中に置いて遊びたい。


買わないつもりだったハートのTシャツ2号を置いていたので
うっかり衝動買い。SPEEDとか、他のラインも置いてましたよ〜。
一部の商品はお店のオリジナルのパッケージに入っている模様。
コラボレーションってやつですな。
帰って「いいとも」見てたら、安田大サーカスの人が着ていてガックリ。


今回のイベントのパンフレット、いろんな所で捨てられてて
悲しかったな。フライヤーとかいっぱい配ってたし(もらいまくったけど)。
リサイクルとか環境がテーマなんだったら
もうちょっと新しいやり方があるんじゃないかなあ、とも
思うんですけど…どうしたらいいんでしょ?


で、最後に神宮外苑でいろんな企業のコンテナパビリオンを
見たり、ロンドンで行きそびれた100%DESIGNも見て終了。

そのあとは久しぶりに高専の卒業生飲みへ。
時間は短かったけど、いろいろ出来て満足でした。

Design Tide in Tokyo 2006

11/5の14:00〜18:30までの時間を使って、東京をうろうろしてきたので
写真でご報告。ビデオも撮ってたけどうっかり消してしまったので…。


まずは"Design" & PEACEがテーマのDesign Tideへ。
前日にもEさんと二人で行ったけど、改めて見に行こうということで。
ついでに日記用の写真も撮っておこう〜って感じで。
さっそく写真撮ってもいいですか〜ってボランティアの人に聞いたら
「1Fは撮影禁止だけど3Fはいいですよ〜」とのこと。

1Fは佐藤直樹さん(ASYL DESIGN & ASYL CRACK)が主催する
treasured trash project」の展示と、デザイナーが直接作品を販売する
「Tide Market」が開催されていてかなり見応えがあったので
写真でお見せできないのが残念。


というわけで、もらってきた「treasured trash project」の冊子を
撮ってみました。左の海岸で拾ったゴミで作ったシャンデリア、
ものすごい存在感でした。ゴミも集まればこんなに綺麗に。
この企画は単に「捨てる」ためではなく、「資源」を回収するための
ステーションとして機能するハコ/しくみを22組のデザイナーが提案する、
という企画だそうです。
タナカカツキさんの水筒が欲しかったけどグッと我慢。

「Tide Market」ではスイスの「col*or」という二人が
アイロンシートをカッティングして、その場で洋服をカスタマイズ
してくれるパフォーマンスが特に面白いなあと思ったんですが、
上手く会話ができなくて残念でした。
他には福岡で見たことのある人たちの作品が売られていたりすると
なんとなく嬉しくなったり。


で、3Fに上がって撮影撮影。
写真では伝わりにくいのですが、高濃度のオシャレ空気で
充満しています。音楽があまり大きな音じゃなかったので助かりました。
この写真だと確か金網の向こう側がLOMOのブースで、
手前がFRITAG(福岡で大人気なバッグ)のブースです。
実際にトラックの幌から生地を切り出してバッグを作るワークショップを
やってました。会費30000円はもちろん払えませんでしたけど…。


これは森本千絵さんの作品。
奥の方に全巻揃った「風の谷のナウシカ」が素敵です。

ぎおんごぎたいごじしょ
「ぎおんごぎたいごじしょ」以来、大人気の人ですが
例によって僕も大好きです。この作品は森本さんの他の広告に比べて
パーソナルな感じがしました。


こっちは大日本タイポ組合のタイポ積み木。初めて見ました。
日本人も外国人も大人も子供も一緒になって
文字を作っていて楽しげでした。こういうの、時間があったら
永遠に遊びたいんですけどね。

それぞれの作品には"   " & PEACEの""の部分に作者の思い思いの
大切なもの(たぶん)が書かれているんですが、

トイレまでこんな感じ。
こういう、みんながちょっとだけ楽しくなるようなことを
考えられる気持ちって大事ですよね。

次は表参道ヒルズへ〜(つづく)。

東京帰り



のぞみで東京に行ってきました。
仕事で前日は寝てない状態だったので、5時間超の移動時間も
苦にならないというか、いい睡眠時間。
座席が合わなくて腰は痛かったけど…。

今週末はちょうどDesignTide東京デザイナーズウィークという、
大きなデザイン関係のお祭りが開催中だったので、
ちょこっとだけ覗いてきました。

時間が合わなくて会場で行われたPolaris×キリンジ×bonobosの
フリーライブが見られなかったのがチョー残念ですけど、
いろんな国のデザイナーさんや作品が集まっているのを見て
なんか、やる気が出てきました。

日曜に戻ってきてさっそく仕事だったので、
詳しくは今週のんびり更新しま〜す。

写真は原宿の「Cafe de のだめ」。
真一デビュー丼や呪文料理などが出てくるらしいですが
メニューのほとんどが1000円オーバーだったので断念しました。
あああ・・・

仕事片づいた〜



心配だった撮影も無事に終わったし
別件で明日の先方確認用のカンプも作って預けたし
色んな仕事の入稿やら何やらは週明けに集中しているし

よし、何とか旅行に行けそう!
ちょっくら東京に行ってきま〜す!
最近、よくどこかにいってるなあ。
普段の仕事が忙しいから「アートを訪ねる月」は
ぜんぜん見られなかったけど。。

週末、福岡にいらっしゃる幸運な方は
BOOKOKA
http://www.bookuoka.com/

に行くと楽しそうですよ。けやき通り一箱古本市、行きたかった…。

そういえばデジカメで撮った動画って、
YouTubeにアップすればこんな風に日記に貼り付けられるんだった。
写真とはまた違って、面白いですよね。
さっそく何かしら撮ってきます。

うわ、3時間後には新幹線に乗らなきゃ。
会社で書き込みしてる場合じゃないですね。

サトーさんに会いに行こう

にほんごであそぼ どや

いつものようにネットを徘徊していたら、福岡デザイン塾
公開塾を行っているのを発見しました。

●公開塾参加者募集
11/11(第3回)の佐藤卓氏と11/25(第5回)の曽我部昌史氏の講義を公開します。(受講料無料)
時間:15:30〜18:00  会場:九州デザイナー学院(どちらとも)
参加希望者は、件名を「○○氏(佐藤氏か曽我部氏のどちらか)公開塾参加希望」とし、氏名、会社名、住所、
電話番号、メールアドレス、を明記のうえ10月30日までにメール(info@f-designjuku.net)にて申し込み下さい。
定員は各100名を予定しておりますが、定員になり次第終了させていただきます。

さ、佐藤卓さ〜ん!

この人の何が好きって、「人相」なんですよね。
なんというか仏のオーラが出ているような…。
(他にはminaの皆川さんとかもこのジャンル)

最近だと「にほんごで遊ぼ」のAD、ドコモの「P701iD」、
「金沢21世紀美術館」のCIなんかをされてます。
無駄が無いデザインが素敵ですよね。
時々、いろいろ大変なうちの職場のお客さんたちにこの人を連れて行ったら
どんなプレゼンをしてくれるのかな〜って考えたりしますもんね
(まあ思いつかないんですけど…)。

そんなこんなで申し込んでみたら参加できるみたいなんで、
11日はご本人の講義を聴講してきます。
まだ受け付けてるみたいなので、ARTSな皆さんも申し込んでみては
いかがでしょうか?

↓あ、タイムリーにイトイ新聞でも連載が始まったみたいですよ
ほぼ日刊イトイ新聞 -「日常のデザイン」佐藤卓展 第2会場
http://www.1101.com/sato_taku/2006-10-20.html


これまでいろんな雑誌でインタビューされていることの
集大成的な内容になっていると思います。
なんか読んでて「そうだよな〜」って納得しまくりでございますよ。

眠ろうキャンペーン中

毎日の睡眠時間が3〜4時間の暮らしをしていることに
気付いてしまいました。

寝不足だと体力と共にだんだん気持ちが沈んで
人と話すのもおっくうになるし、仕事も適当になってくるので
これはやばい!と、
最低6時間は眠ろうキャンペーンを実施したら、
早速ひどかった肌荒れが一気に治ってきて、
体を休めることの大切さを実感する今日この頃です。
その分、生活が家と会社の往復だけになってしまうのですが
まあ仕方が無い。


職場にも、あきらかに寝てないだろうという人が何人か居るので
(話してることからして、なんか既におかしい)
手刀で眠らせて布団に放り投げたい衝動に駆られます。

体力を付けようと、今日は大野城まで散歩してきました。
本当はジョギングがしたかったのですが、いきなり激しい運動は
体に負担がかかると整体師さんに言われたので、まずは歩きで。
村上春樹も体力が無いと小説が書けないって言ってるもんな。

メトロイド プライム ハンターズ
で、散歩したついでにニンテンドーDSのメトロイドとか
買ってきてますけど、これはいかんだろう>僕。
またこんな睡眠時間を削る代物を…。
ちょっと遊んでみましたけど、いい手応え。

今やっている仕事のうちの1つが、珍しくいろんな人に
見てもらえそうなものなのでちょっと楽しみです。
あんまり時間はかけられないけど、いい仕事ができますように。

BECK Information


Amazonに注文していたBECKの「The Information」が
到着しました。BECKやミッシェル・ゴンドリーが作った
全曲のPV、というかイメージ映像が入ったDVDが付いているので
迷わず国内版を。3800円(高い)→Amazonで3200円。

どうしてジャケットが方眼かというと…



こんな感じでシールが付いてくるので、好きに貼ってくれとの
趣向です。かわいい!右下の方に全部の曲名が
ロゴ化されているのが見えるでしょうか。

どこかで読んだBECKのコメントによると、CDを買ってもらうために
この方法を考えたそうです。絵柄の違う海外版も欲しい!と
少なくとも僕は思っているので成功ではないでしょうか?

公式ブログでいろんな人が投稿したジャケットも見られますよ〜。
http://www.beckgallery.co.uk/

ザ・インフォメーション(DVD付)
このジャケットをデザインしたのは、ロンドンのデザインスタジオ
BigActive」のMat Maitlandという人(ADはBECKとMatの連名)。
最近だとKeaneのジャケットなんかも作ってるみたいです。
こういう分野って、妙にイギリス人が強いですよね。

もちろんアルバムの内容も素敵なので、また後日投稿します。
(夜更かし禁止キャンペーン中なのです)

ひびのこづえexhibition「・・/・・/・・ク」


コスチューム・アーティスト、ひびのこづえさんの
『ひびのこづえexhibition「・・/・・/・・ク」』を見に、IMSに行ってきました。
(そういえば最近は会社の近くしか行ってないな〜。もったいない)
例によって全然知りませんでしたけど、吹き抜けにぶら下がった
高さ9メートルの「草木のドレス」のインパクトはすごい。


他にも大量の作品が。
荷造りテープみたいな素材で作った洋服や、風船で作った
巨大な服、着てみたかった。「にほんごであそぼ」で野村萬斎が
着ていた着物も置いてましたよ。
これだけマネキンが並ぶと、いつものスヌーピーグッズ屋さんとかが
異次元のように見えます。

この展示、表参道のスパイラルガーデンで行われたパフォーマンスで
使われた衣装が展示されているのですが、このイベントの様子が
PingMagで詳しく紹介されています。
このサイト自体、チョーおすすめのWebマガジンですので
「デザイン&ものづくり」が好きな方はぜひぜひ見てみてください。

PingMag - 東京発 「デザイン&ものづくり」 マガジン
ひびのこづえ - パフォーマンス



1FのH.P.DECOでも1点もののバッグや洋服が。
ブラウスが素敵だな〜と思って値札を見たら123,000円…。
15日で終わっちゃったのが残念です。ちょこちょこ見に来たかった。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52