知育玩具「EDU‐TOY」と佐藤卓さん

EDU‐TOY?ネフとヨーロッパの木製知育玩具たち
ほぼ日刊イトイ新聞 -担当編集者は知っている。
『EDU-TOY ネフとヨーロッパの木製玩具たち』


3月18日までIMSのアルティアムで行われている
「EDU-TOYの世界 ネフとヨーロッパの木製玩具で遊ぶ展覧会」
に行ってきました。
写真の積み木のポスターを以前、大橋のorganで見て以来
ずっと気になってたんです。
型は極限までにシンプルで、グラデーションの美しい着色も
一つひとつのピースの区別がつくようにするためのデザインだったり
とても合理的なのにこんなに面白くて綺麗だなんて!
どう置いても見栄えがするようになっているのか
まるでお釈迦様の手の上で踊らされているような気分です。

隅っこの方に実際に遊べるコーナーがあったので遊んできましたが
時間がなくてあんまり触れなかったのが残念です。
レゴとか組み立てるおもちゃは相〜当〜好きなので…。
ちょっと触った感じ、創造力で子供に負けそうだな、と
自分の衰えを感じたりしました。

他に気になったのは動物を模したおもちゃの数々で、
特定の動きをさせるために作られたシンプルな形は
なんとなく80年代のゲームを思わせるものがあります。
こいつらは期間中にもう一度スケッチしに行くつもり。

11日の14時からは今回のイベントの監修者で、↑の本の著者である小柳帝さん
のトークショーが行われるそうです。これも気になります。
この方がこういった知育玩具を「EDU‐TOY」と名付けられたそうで。
「ゆるキャラ」みたいに名前を付ける事で始まる世界ってありますよね。

クジラは潮を吹いていた。
3月21日からは『佐藤卓展 「日常のデザイン」』がありますよ。
これは入場無料で、地下2回からアルティアムのある8階まで
吹き抜けまで使用して「デザインの解剖」シリーズなどを展示する
大規模な展示になるそうです!・・・とスタッフの方が話しているのを
小耳に挟みました。

4月15日には佐藤卓さんと九州芸工大の池田美奈子さんの
トークイベントもあるそうで、これも気になるけど
先日デザイン塾のイベントでお話は聞いたので今回はパス。
佐藤さんのお話、ものすご〜く面白かったので
デザインが好きな人に限らず聞いて欲しいなあと思います。
「キシリトールガム」「クールミント」「おいしい牛乳」
NHK「日本語であそぼ」とかのデザインをされている方ですよ!

今日の立ち読み

TSUTAYAにCDを返しに行ったついでに立ち読み。
15分で閉店だったので、ざ〜っと気になるものだけ
チェックしましたよ。

high fashion (ハイファッション) 2007年 04月号 [雑誌]
high fashion (ハイファッション) 2007年 04月号


みんな、ジルサンダーのページの黄色いジャケットをチェックだ!
基本はメンズっぽい形なのに、
「彼のシャツを干そうとしてそのまま着ちゃった」的な
絶妙なバランスを保ってレディースの服として完成されています
(興奮していて変なニホンゴになってますがお許しを)。

あとは特集が「デザイナーと音楽。ミュージシャンとそのスタイル。」
ということで中島美嘉、菊地成孔、浅井健一、吉井和哉、
ジム・オルーク、YO-KING、曽我部恵一、山田将司
ほか10人の写真が載ってます。それぞれのファンの人はチェック!
曽我部さんの日記で言ってたジャケットはこれか〜。
あとジム・オルークがかっこよかったです。
こういう小太りの外国人って雰囲気がありますよね。

spoon. (スプーン) 2007年 04月号 [雑誌]
spoon. (スプーン) 2007年 04月号


かわいくてシンプルでページ数が少ないところが好きなspoon。
今月は白と緑がベースで読んでて気持ちがいいです。
こういうのデザインするのって慣れるとあんまり時間が
かからなさそうなんですけど、実際どうなんでしょ
(やったことないからわかんない)。
ロペピクニックとタイアップでカリフォルニアに行ったりしてて
楽しそう。仲間に入れて欲しいっす。

「うなずきん」の広告とかSUEMITSU&THE SUEMITHのページとか
この雑誌の読者のことをちゃんと考えて届くように作ってて、
関わってる人たちが楽しんでるのがわかって、いいなあ。

ナショナルスタンダード復活!ということで
ここからTシャツ、ワンピース、Uネックカットソーが購入できます。
こっちもファンの人はチェック!ロゴものだけどかわいいと思いまっせ。

あとはアフタヌーンで無限の住人をチェック。
終わらせる気はあるんだろうか・・・。

はっ!


「焼肉ぶる〜す」は今日発売ですよ!
たぶん全国のCDショップに置いているので
まずはジャケットでも眺めるといいと思います!

ぬか漬けを作った/ユンボル打ち切り



料理創作ユニット「Goma」さんのブログを見ていたら
お漬け物の漬け方が書いてあったので、休日にトライしてみました。
味噌とプレーンヨーグルトを混ぜ合わせて野菜を漬けるだけ。
割合は7:3って書いてたけど味噌が高いので5:5で許してください!
今回は僕の好みで鷹の爪を刻んで入れてみました。
時間は2時間目ぐらいからお好みで頂けます。
で、できたのがこれ。

あらかじめ職場の人に「漬け物作るけど野菜は何食べたい?」と訊いたら
「ナス!ナスは絶対入れてください!」と言われていたので
ええ入れましたとも。
ヨーグルトが多いのでぬか漬けと浅漬けの中間みたいな味になりましたが
これはかなり美味しいのでは!?
男性と女性に試食してもらいましたが意外に男性に好評で
タッパーに丸ごと入れていたものが一日で無くなりました。

この、簡易ぬか床はヨーグルトの賞味期限ぐらいは持つみたいなので
いろいろ漬けてみよ〜っと。

…と野菜たっぷりでご機嫌だったのですが、
ジャンプを立ち読みしたら「シャーマンキング」の作者が連載していた
「重機人間ユンボル」がなんと10回目にして打ち切り。

他の新人さんの漫画よりは面白いと思ってたんだけどなあ。
もっと長い目で見守ってやれよ・・・。

少年漫画でロボを出せる珍しい作家さんだと思うので
今度はガンガンあたりで頑張ってほしいです。
ショベリウス3世、かっこよかったのに。もったいない。

ないあがらせっとが楽曲提供した「焼肉ぶる〜す」、3/7(水)発売!




お友達のバンド“ないあがらせっと”がなんと、楽曲提供の仕事に挑戦!
ということでこの場をお借りして告知しちゃいます。

東京・四谷の激ウマ焼肉店“名門”。その名物店長“ヤッキー中村”が
ついにCDデビュー! 「焼肉ぶる〜す/焼肉音頭」を徳間ジャパンより
3月7日(水)に発売します。なんと!今回ないあがらせっとの中村が
「なかむらひろし」名義でA面曲「焼肉ぶる〜す」の
作詞作曲を担当しました。

いつもの曲では聴けない80年代アイドル風アレンジと、
男女の恋愛模様を見事焼肉ワードへと置き換えた「焼肉ぶる〜す」!

各業界とのつながりも深いヤッキー中村氏はTBS系『うたばん』他、
今後続々とテレビ出演も決定しているそうです。
ないあがらせっとの楽曲をテレビで鑑賞できるこのチャンス、
ぜひぜひチェックを!

う、うたばんですか!?
ないあがらせっとがお茶の間に知られるきっかけになるよう
期待しています。

ちなみにヤッキー中村さんの公式サイトはここ
いきなり楽曲が流れますがテンション高いです。



で、ないあがらせっとの公式サイトもそれに合わせて更新。
素材が無かったので焼肉をテーマにマッキーで絵を描いて
Macで取り込んで着色しています。ど、どうでしょうか!?

彼らの楽曲はmf247のココから4曲は無料でダウンロードできます。
試しに聴いてみてください。
初めての人は一番人気の「」あたりから聴いてみてくださいませ。
僕は「queen&king」が好きです。
もやもやしたヴォーカルと澄んだギターの音、
不思議な雰囲気を醸し出すサンプリングや打ち込みの音が
なんともいえず、いい感じですよ。

金曜の夜はだいたいTSUTAYA

FIGARO japon (フィガロジャポン) 2007年 3/5号 [雑誌]
会社でこっそり購読している「FIGARO」。
シャネル特集だから広告に合わせて(たぶん…)背景は白!
と思ったら中面の広告は珍しく青を使ってました。
カール・ラガーフェルドって洋服は作るし広告の写真は撮るし
おじいちゃんなのに広告はすごくモダンだし憧れます。

その他にはジルサンダーの広告が美しすぎてビビりました。
今期は蛍光色・メタリックがテーマみたいだからその他の要素は
一切いらないんだろうな〜って。他の雑誌で見たメンズの広告が
ほとんど同じデザイン・撮り方なのは
他のブランドだとメンズとレディスでテーマが違ったり
そもそもデザイナーが違ってるからなかなか出来なくて
こういうの出来るのはいいな〜。

ファッション写真には何と言うか魔力みたいなものがあって
音楽や映画と同じように心を打たれる事が良くあります。
何でだろ?考えよ。考えてから書けよ!

仕事が終わってからコマーシャルモール博多のTSUTAYAへ。
ここは九州初の本、CD、DVD、ゲーム、そしてスタバが揃っている
店舗なのです!!!!!!!!!!そして26時まで空いてるのがポイント。
だいたい24時までは会社にいるので貴重な存在。

スタバに会計していない本を持ち込んで読んでもいいし
店内にけっこう大きめのソファスペースがあるから
ゆっくり座り読み出来るし、おすすめですよ。

僕はこうしてデザイナーになった
「僕はこうしてデザイナーになった」を読みました。
GRAPHの北川さん、信藤三雄さん、尾原史和さん、佐藤直樹さん、
平林奈緒美さんのインタビューがお目当て。
読んでいると宣伝会議のARTSに行ってたときに
もうちょっとちゃんとした作品を持って行けば良かったと
後悔が波のように…。
北川さんが初めてイッセイミヤケのお店に行ったときに
入り口まで行って行列を見て
「このままでは同じ表現者として一生追いつけない」と
お店に入らずに帰った話が印象的でした。
うえ〜日記なんて書いてる場合じゃないのかも〜と焦ります。

レッドスティール
で、閉店と同時に帰ってwiiの「レッドスティール」を初めたら
気がつくと朝に。最初はあんまり面白くないかも…と思ってたけど
それなりに引き込まれる要素があったみたいです。
今日はパチンコ屋さんの地下の遊園地でオッサン声の
セーラームーンや忍者ヒーロー戦隊たちと戦いましたよ。
アメリカン人が作る日本のイメージってすごいなあ。

音楽がモロにキル・ビル的だったり、変なポップ感のある曲だったり
なかなかツボに入る感じです。
銃撃戦と日本刀で戦うバトルの切り替わるタイミングも
なかなかいいかも。日本刀、キャラの反応が悪くてイマイチ
面白みにかけるのですが。

で、いつになったらクリアしてゼルダに行けるのか(ただいま進行度30%)…。

OSXで使える無料のトレースソフト「Cocoapotrace」



ここ1年ぐらいはずっとOSX 10.4 + classicの環境で作業をしています。

OS9のみの環境の時は、あの精度は悪いけど愛嬌のあるトレースをしてくれる
「Adobe Streamline」を使ってたんですけど、サポート終了しちゃったし
OSXで動く方がいろいろ都合がいいしなあと探していたら

Cocoapotrace 0.3.1 (608KB) - Universal
というフリーソフトを発見し、使い続けています。
さっそくIntel Macに対応してるのはフットワーク軽くて好印象ですよ!

使い方は簡単で、左の窓に画像を突っ込むと
右側の窓にパスに変換された画像が出てくるから、epsで保存するだけ。
放り込む画像はtiffでもjpegでもepsでもだいたいOKみたいです。
パラメータは特にいじらなくても、Streamlineに二度と戻れないような
綺麗なトレースをしてくれます。

ネーミングはMacOSX用の開発システム「Cocoa」と
元になったトレースソフト「Potrace(windows、Linuxの人はコレ)
をつなげて「コッコアポA錠」的なネーミングにしてたんでしょう
…って、何で無駄に考察してるんだろ。
でも、ちゃんと意味のある名前だから素敵ですよね。

写真のショボいイラストは仕事でやむを得なく描いたものですが
あなたはいつかどこかのサイトで見る事になるでしょう…。

<今日のお仕事>
小戸の海に撮影に行きました。小型船がかなり揺れて、
座ってるだけでも体力を消耗しましたけど
久しぶりの船は気持ちよかったぁ〜!

ハケンの品格

ドラマは観てませんがここ数年の篠原涼子は好きです!と
力説しておきます。

いつもなら仕事を外の会社にお願いするところの仕事なんだけど
自分たちが間に入ってやり取りをする時間はないから
お客さんと直接やり取りしてほしい(デザインチェックは僕がする、一応)…
ということで恐る恐るお願いした派遣のデザイナーさん。
1月から2ヶ月間の仕事を無事に終えて、旅立って行きました。

本人は「もうちょっと詰めたい!」という時でも
定時内で仕事を終わらせないといけない葛藤があったと思うんですけど
仕事としてはちゃんと出来ていたので、良かった良かった。
というか、僕よりよっぽど出来るんじゃ!?

なんか最後の最後でちょっと仲良くなれたので嬉しい。
同い年のお友達が増えましたよ〜。

Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) 2007年 04月号 [雑誌]
自宅に帰ったら「Numero TOKYO」の創刊号が届いてました。
モニターに落選したけど応募してくれてありがとう、との事。
アンケート、年収が500万円〜しか項目がなくて仕方なく「その他」に
付けましたともそうですとも。
最近ようやくケイト・モスの顔を覚えました。

装苑 2007年 04月号 [雑誌]
あと装苑も購入。
サリースコットのポストカードが並んでる見開きが欲しくて欲しくて。
菊池ストーカーですからね。

駆け出しデザイナー奮闘記
これも購入。「駆け出しデザイナー奮闘記」。
あんな会社やこんな会社のADの下で働いている、
5年以内のデザイナーのコメントとかが載ってる本。
経験値の高い人のコメントは似てしまいがちだから、ちょっと貴重かも。

bluemark菊池さん「今は先輩のやり方を継承するような時代でも
なくなってきているし、だったら、まずはやってみるといいと思いますよ」と、
独立を促す相変わらずマイペースなコメント。

+81 Vol.35
オッシャレーな雑誌も買ってみようと+81を。
表紙を含めてこれぐらいのバランスが好きだな〜。
さっきまで作ってた僕の表紙は何なんだ!

君とボクの虹色の世界
これはレンタル。映画「君とボクの虹色の世界」。
監督のミランダ・ジュライさんはポストソフィア・コッポラと
期待されている現代美術のアーティストだそう。
週末に観るのが楽しみ。
この人についてはいろいろ調べたいので、観たら日記書きます。

アメリカ行ってきました(Yo La Tengo編)


結成23年目、アメリカのぽっちゃり系バンド「Yo La Tengo」の
来日公演を観にDRUM Be-1に行ってきました。

会場に入ると、さすがに外国の人が多い!
前に海外旅行に行ったときに思ったのですが、周りが外国の人たちばかりだと
途端に自分が何者でもないという感覚が湧いてきて、
不思議と落ち着くみたいです。僕の場合。

どうもベースのジェイムズさんがメーカーのSan-Xと仲良しらしく
アンプの上にリラックマのぬいぐるみを置いてました。
この人のぽっちゃり体型とこういう趣味、好きだ。

CDで聴くと割とゆったりした曲調という印象でしたけど
ライブになると、どうみても冴えない中年にしか見えない
3人組(2人は夫婦)が、こいつら頭おかしいんじゃないかっていうぐらいの
轟音を鳴らすのに驚きました。

特にリーダー(たぶん)で旦那さんのアイラさんの壊れっぷりは
素晴らしく、マラカスを片手にキーボードをギャンギャン言わせる様子は
デトロイト・メタル・シティ 2 (2)
「ほれほれほれ〜」「キ、キーボードがレイプされてる!」と
DMCのクラウザーさんが頭をよぎったほどです。

3人とも歌えるし、どの楽器でも演奏できるみたいで
曲によってギター、ベース、ドラム、2カ所に設置したキーボードを
ぐるぐる入れ替わりながらの演奏。そしてメロディとコーラスの美しさ!

演奏を聴くだけで笑いが出て来て、そのうちいつの間にか
泣きたくなってしまうようなライブは今回が初めてでした。
楽しくて驚いて美しくて幸せな時間でした。

MCも「アリガトー」とかじゃなくて、普通に英語でお客さんとやり取りしながら
しゃべってくれたのも良かったな。英語ほとんどわかりませんけど。

アンコールでお客さんの一人が「♪Happy birthday dear Geogia〜」とか
歌い出したので冗談か?と思ったら
どうも本当にドラムで奥さんのジョージアさんの誕生日だったらしく
花束を贈ったりしていたのも、暖かかったな。

ライブが終わってsknowさんとお友達と合流。サイン会で3人それぞれと握手して
サインをもらってジェイムズさんに「クマ描いて!」とお願いしたら

描いてくれました…うさぎ?


彼のソロ「DUMP」のジャケットに描かれてるやつに似てる。
このイラストもすごく好き。

ライブの後、飲みに行くというsknowさんたちとはお別れ。
会社に用事があったので。と、その前にお腹が空いたので
アメリカン気分を満喫すべく親富孝の「Pik's Coffee Shop」に
初挑戦。ゴールデングリルドチキン(695円)を注文すると…デカい!
ちょっと笑いが出る大きさ。ライスorパンとスープが付いてこの値段は
大味さに付いて行ける男性なら一度は是非。
他のお店ではなかなか味わえない雰囲気にちょっとハマりそうです。

Yo La Tengo、MCで「フジロック◯×△◯×〜」とか言ってたので
夏にはまた来日するんじゃないでしょうか。行きたいな〜。
そういえば18日にはクラムボンと対バンしてたみたいで
そっちも観たかった…。

洋楽聴いてます

日経のメルマガを読んでいて
◆ツマミをひねるとフワフワミルクが!サエコのエスプレッソマシンを試す【前編】(家電のそれホント?)
の「フワフワミルク」が「フルカワミキ」に見えてしまうくらい
どうもミキちゃんが好きらしいのですが、アルバム買ってません。
彼女が路頭に迷ったら僕のせいだどうしよう。

ともかくSUPERCARみたいなギター+打ち込み+萌えヴォーカルな曲が
聴きたいヨ〜と探し求めていたところ、
Citrus
Citrus

ニューヨーク在住のAsobi Seksu(すごいバンド名)の2枚目のアルバムが
ヒットしました。ヴォーカルだけ日本人で「YUKI」って言うんですけど
ビジュアルとかなんとなくそんな感じです。
バンド名のインパクトに比べて音楽はメロディが綺麗で聴きやすいです。
公式サイトでmp3が何曲か聴けるのでお試しを。
僕はiPodに入れて聴いてたら病み付きになって買っちゃいました。

普段は邦楽フロアしか行かないタワレコに、久しぶりに行ったら
「トム・ヨークが絶賛!」とかPOPに書いてあるので
どんなもんかな〜と聴いてみたらブッ飛んだのは同じく米国の「deerhoof」。
Friend Opportunity
Friend Opportunity

Flaming LipsとかRadioheadと対バンしたりしているそう。すげー。
このバンドもサトミっていう日本人女性がヴォーカルを担当しています。
曰く「究極の萌えボイス」だとか。そうかなあ。
基本的にはポップだけど転調の多さや音の使い方が変態的。
ドラムとベースのリズムが好みです。
これもmp3をいっぱい配っていたので聴いてたらついつい購入…というパターン。
いろんなサイトに落ちているのを集めたら100曲ぐらい集まったんですけど…。
このPVがかわいくてオススメ。このぬいぐるみのセンス、好きだ!

Reveille
Reveille

で、もう1枚気になったアルバムをまたAmazonで買ってしまう。
公式サイトにYouTubeのライブ画像が大量に貼ってあったり
デジタルに対して大らかなのが良い。

SHOCKCITY SHOCKERS VOL.2 OOIOO REMIX
SHOCKCITY SHOCKERS VOL.2 OOIOO REMIX

そんなdeerhoofと日本をこのあいだまでツアーしていた「ooioo」。
個人的には敷居が高かったんですが、ようやく入門しました。
ヴォーカルのヨシミさんはいろんな雑誌に出たりしていて
ずっと気になってたんです。
コンセプトが「私という民族の音楽」というのが明快で
相当かっこいいと思います。憧れる。
これはリミックス盤なんで打ち込みの要素が強く、聴きやすいです。
次はボアダムス行ってみよっと!

And Then Nothing Turned Itself Inside-Out
And Then Nothing Turned Itself Inside-Out

で、そんなooiooと仲良しっぽい「YO LA TENGO」。
全然知らなかったんだけどお友達に教えてもらって聴いてみて
一発で好きになりました。
ふわふわ浮遊感のある音像、美しいメロディ。
かと思えばノイズぎゅんぎゅんのギターが鳴ったりと、
この人たちもいい意味で変な音楽だな〜、と。

I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass
I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass

しかもこのアルバムのツアーで来日中!
ということで、今日は19時からBe-1に行ってきます☆
こんなダンス見せられたら、行くしかないですもんね。ベースの人のビジュアルが
好みすぎる(別に太った男性が好きなわけじゃないですよ)。

うお、ここで猛烈な睡魔が。
↓他にもこんなのを聴いたりしてます。↓

Daydream Nation
Daydream Nation

SONIC YOUTHもようやく入門。
ナンバーガールのあの曲のあの辺とか、想像できちゃう感じです。

Murray Street
Murray Street

上のと2枚借りてきて、ジム・オルークが参加しているこっちの方が
好みみたい。この人たちのジャケットは全部好きだな〜。

Isn't Anything
Isn't Anything

マイブラも「ラブレス」しか持っていなかったので入手。
2曲目「Lose My Breath」が生と死、愛と憎悪、欲望などを
感じさせられるような、向こうの世界から手を引っ張られそうになりそうな
すごい曲。

Oh No
Oh No

コンベアーで以前話題だった「OK GO」も聴いてます。
PVだけが取り上げられがちですけど、音楽もいいですもんね。
ギターが好きです。

Stop the ClocksStop the Clocks
みんな大好きOasisのベスト盤。
ものすごく好きなわけじゃないのに、いつの間にか
「いいなあ…」って聴いてしまう感じ。認めたくないけど好きなんじゃ…。
何だかんだでCDほとんど持ってるくせに!

どうも僕は周りに居る人によって聴く音楽に影響を受けるタチらしいのですが、
放っておくと洋楽方面に行ってしまうらしいです。CD安いですし。

感想を書くのが苦手なので、「こんなの聴いてます〜」的な文書にしか
ならないのが悲しいです。
で、何でこんな駄文を書いているかというと、今日は暇だからなんですね。
では、おやすみなさい。

オールドファッション抹茶

ミスタードーナツ
オールドファッション抹茶・オールドファッション抹茶チョコ
http://www.misterdonut.jp/newpro/36_10_4/index.html


3度の飯よりドーナツが好きな僕ですが
ミスドではフレンチクルーラー、オールドファッション、ポンデリングの
3種類ばっかり食べてる気がします。
食べ物で冒険しないタイプですね。だって普通のが一番美味しいしなあ。

その中でもド定番のオールドファッションに抹茶味が登場ということで
最近は食後にフラフラとお店に吸い込まれる事もしばしば。
…とまあそんな事は置いといて、↑の広告の写真、
一瞬、僕が個人的にライバル視している要潤か!?と思ったら
よく見ると玉木宏でした。髪型が似てるのかな。
店頭で等身大ぐらいのポスターを見た時はちょっとビックリした!

TOKION (トキオン・ジャパン) 2007年 04月号 [雑誌]
リニューアルしてから何故か全部買ってるTOKION。
3月号はなぜか発行されずに4月号が出てたので購入。
毎号特集が一人の人に突っ込んで書かれているところとか、
他の男性誌のようなクラス感が無いところが好きなんです。
見どころは「佐藤可士和」「さくらん」「コズミックワンダー」
「太田莉菜×ベースメント・ジャックス」「ヘルムートラング」とか。

Ryuko Tsushin (流行通信) 2007年 03月号 [雑誌]
流行通信も久しぶりに資料用で購入。
「FUDGE」「SPUR」「GINZA」「high fashion」「装苑」
「FIGARO」「VOGUE」と合わせて
「ジャンプ」「マガジン」「サンデー」「ファミ通」と同じように
出るたびに立ち読みチェックしています。
服部一成さんのころに比べるとサブカルチャー色が減って
実用的なモードファッション誌になってますけど
表紙の媚びてない感じとか、やはり一般の女性誌とは違う感じです。
現ADの稲葉英樹さん本人のスタイルが全面に出て来ていない気がするのは
広告出稿とか対象の読者を考慮した上でのこのデザインなのかなあとか、
色々考えたりしています。

フランスのデパートにある下着売り場の試着室には「昼」「夜」の
スイッチがあって、実際のシチュエーション(?)をイメージして
下着が選べるらしいですわよ!さすが!
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52