Mac OSXでWindows 2000を使う「VMWare Fusion 2.0」



仕事でちょこちょことWebの制作を行っているのですが
職場は全てMac環境なので、Windows環境でのテストが出来ないのが
問題…大問題なのです…。

仕方が無いので自宅からMacbookを持って行って
検証したりすることがちょくちょくあります。
ここで活躍するのが、同じく私物の「VMWare Fusion」。
BootCampのように再起動を必要とせず、
Intel Mac+OSX上のアプリケーションとしてWindowsを実行できるソフトです。

BootCampはWindows XPとVistaしか使えないので、
学生のときに買ったwindows2000しか持っていない僕にはぴったりの製品。
発売開始直後のVer1.0のときから愛用してきました。




そんなVMWare Fusionが今月、ひっそりと2.0にバージョンアップ。
1.0ユーザーは無料でアップデート出来るということで、
さっそく試してみました。

おお、起動中のOSがグラフィカルに表示されるようになってる!
あんまり意味は無さそうだけど、なんか信頼感がある気が。
LinuxとかOSX Serverとか、複数のOSを切り替えて使ったりも出来ます。




windowsのデスクトップを消して、ウィンドウ単体で表示できる
「ユニティ」機能ももちろん健在。
Cmd+Tabや、Dockにも対応しているのでとても使いやすいです。

さらに、ここからがポイントなのですが
V1.0では出来なかった、Win<>Mac間でのクリップボードの共有や、
ショートカットキーの統一(大重要)、
ドラッグ&ドロップでのファイルのコピーや
共有フォルダなど、V1.0で「あったらいいのに…」という機能が
軒並み搭載され、超絶なパワーアップを遂げました。



こんな感じでネットワークドライブにすると便利ですよね

はっきり言って、これまでとは別次元の使いやすさで
誰にでもオススメできる素晴らしい製品だと思います。

気になる速度も、Intel Core2Duo 2.16GHzのMacbookでは
パワー不足を感じることは無いですし、Quake4とかのDirectX9.0ゲームも
試してみましたけど、そこそこのスピードで動いているみたいです。

今ならダウンロード版が発売開始キャンペーンで7,980円
お手頃な価格になっているので、BootCampめんどくせーというユーザーの方は
ぜひぜひお試し下さい。

…これだけ褒めたんだから、国内代理店のアクト・ツーさん、
何かくれないかなあ(笑)


Mac で Windows - ヴイエムウェア フュージョン 2.0
[VMware Fusion 2.0]

http://www.act2.com/products/fusion2/

移動イタリアン「AZYTO」大宮でランチスタート!



フクオカクラウカイを主催する、エージさんの移動イタリアン「AZYTO」。
Yahooドームでのワインフェア[過去記事]や
糸島カレーフェスティバル(略してicf)への出店を経て、
ついに大宮のバー「ALBA」のランチタイムを借りた
ランチ営業をスタートさせました!めでたい!

めでたいついでに、簡単なフライヤーを作らせて頂きました。
カレーがメインということで、黄色の紙に印刷されているはずです。
シェフ自らインクジェット出力でお届けします。
おばあちゃんの指先から飛び出しているのは、白米です。カレーだから。

名物は、トリッパカレーランチ(700円)。
パキスタンカレーとイタリアのトリッパのトマト煮込みが融合した
ちょっと変わったカレーです。
トリッパにはコラーゲンが豊富で、お肌がプルプルになるらしく
糸島カレーフェスティバルで「コラーゲンカレー」という名前で出したところ、
速攻で完売するという人気っぷりだったそうです。

他にもエージさんの気分で変わる日替わりのパスタランチ(700円)や
以前食べさせてもらって「これ、売れると思うなぁ」と思っていた
とろとろ濃厚のチーズケーキ(400)円、
楽天でもトップの人気らしいよなよなエール、コーヒーなど
気になるメニューが揃っています。

…仕事が忙しくて大宮まで行けないのが本当に残念…。
行けたらまたレポートしますね!


AZYTO(アジート)
福岡市中央区大宮1-6-25
TEL ALBA(092-531-6897)
ランチタイム 12:00頃〜16:00頃
ランチ定休日 不定休(10月から定休日を設ける予定)
※不定休なので、来る前にお店に電話をした方がいいみたいです。

大きな地図で見る

第6回福岡デザイン塾「域」 受講生募集中!



昨年参加した、福岡市とFUKUOKAデザインリーグが主催する
若手デザイナーを対象としたデザインの講座「福岡デザイン塾」。

これまでに5回のデザイン塾が開催されましたが、
今年からは組織自体がNPOとして生まれ変わりました。
そんな新生デザインリーグの、初めてのデザイン塾が
第6回福岡デザイン塾「域」です。

ただいま、社会人の若手デザイン関係者
(コピーライターとか編集者みたいな職種の方でもOK)から
参加者を募集中です。締め切りは10/7[火] 16:00まで!
募集要項や申し込み用紙はこちらです


昨年の講座の様子です(写真は報告書より転載)。

福岡という「地域」で活躍する

建築/プレゼンテーション/グラフィックデザイン/プロダクト/アート

という様々な「領域」の専門家の先生の皆さんと
課題講評や講義、ワークショップ、懇親会を通じて
自分たちのデザインの「域」について考えたり、
拡げて行こうじゃないですか!というのが今回の目的です。


運営はデザインリーグの皆さんに加え、僕たち前回(第5回)の
受講生が行っていて、今回は塾の日程や講師の先生方の選定、
↑のフライヤー(デザインはヒラノさんです)や
WEBサイトの制作(こっちは僕の担当)まで、
裏でガシガシ活動させて頂いています。


僕は2年前には宣伝会議さんが運営する
アートディレクター養成講座(ARTS)にも参加したのですが、
ARTSとの違いは受講生が少人数(ARTS40人:塾10人)なのと
ワークショップや懇親会の存在が大きいんじゃないかなあと思います。


特にワークショップは他の受講生とチームを組んでお題に取り組んだり、
そもそも講師の先生が自分とは分野の違う方が多いので
どんな立場の人でも色々な見方を学ぶことができるはずです。

全5回の講義で受講料は4万円。
1回当たり8,000円で半日の講義と考えれば、
意外と高くない出費だと思いますよ〜(←勧誘モード!)。

ここで得られる経験や出会った人達は、自分の中でも
大切な財産になってると思いますので、「今の仕事、つまんないな〜」とか
「アタイ、これからどうしよう…」な人はぜひぜひ参加してみて下さい。
講座が始まったら、僕も講義の現場に行きますので〜(仕事次第ですが)。

募集要項や申し込み用紙はこちらです
締め切りは10/7[火] 16:00までなので、よろしく!


FUKUOKAデザインリーグ デザイン塾
http://www.f-designjuku.net/

D40・マニュアル単焦点カメラ化計画


5月からお仕事カメラとして使っている、ニコンのデジタル一眼レフ「D40」。
安い、軽い、動作早い、素人でもそこそこ撮れる!ということもあって
これまでにレストラン、美容室、雑貨やショップなどの撮影に
結構な頻度で使ってきました。

最初に購入したのは18-55mm F3.5-5.6の標準ズーム付きのレンズキット
なのですが、そろそろ減価償却しただろう(心の中で)ということで
第2弾として単焦点(ズームが無い)レンズを中古で買ってみました。

「New Nikkor 50mm F1.4」。東京のマップカメラで12000円。
1976年に発売されたモデルみたいです。

D40でオートフォーカスと自動露出を行える単焦点レンズは
2008年9月現在では

シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM ニコン用
シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM ニコン用 50mm F1.4 EX DG HSM NA

の2種類しかないらしく(間違ってたら教えて下さいませ)
価格がどちらも4万円付近と、僕には無理な価格帯。カメラ本体が4万円ですし。
で、どうしよう…と思っていたら、ネット上で

・D40は旧式のニコン製フィルムカメラ用レンズをそのまま付けることが可能
・自動露出対応なのは、レンズ名に「Ai」が付いているものだけ
・現行レンズでオートフォーカスが効くのは「AF-S」が付いているものだけ。
 「AF」はオートフォーカスが効かない(←キタムラで教えてもらった)

などの情報が集まったので、これを元に予算の範囲内で
オートフォーカスも効かず、露出も計れない今回のレンズを購入。
「まあデジカメだから露出がおかしくてもその場でわかりますからね〜」
という、電話の向こうのマップカメラのおじさまのコメントが
後押しになりました。電話で通販、すっごく久しぶり。


今回のレンズの場合、モードはマニュアル(M)しか使えません。
シャッタースピードはデジカメ側で調節できますが
絞りはレンズ側で調整するという漢(おとこ)仕様。
デジカメしか使ったことが無いド素人には新鮮に見えますし
いかにもメカっぽい外観に心が躍ります!


で、さっそく撮影。これは従来のレンズ。
F5.3、シャッタースピード1/10で撮影したもの。
これを今回のNew Nikkorで撮ると…。


こうなります。
こ、これは僕が求めていた「ほわほわ」画質…。
F1.4、シャッタースピードは余裕の1/80。
これなら暗い部屋でも手ぶれの心配なく撮影できそうです。わーい!
露出の問題は気合いでクリアできそうですし、
あとはピント合わせの問題ですね。がんばろう…。


<おまけ>

いつもブログで使っている、FUJIFILMの「F30」。
やはり一眼レフと比べると階調表現にやや難が。


以前紹介したトイデジカメ「VQ-100」だとこうなります。
暗いところに弱すぎる子です。
そもそもピントが合わねえええ。


Nikon デジタル一眼レフカメラ D40 レンズキット ブラック D40BLK
ニコン (2006-12-01)売り上げランキング: 15112


久山町のガーデンセレクトショップ「tei-en 季の庭」


前回の日記で紹介した、久山町のガーデンセレクトショップ「tei-en 季の庭」。
オープン日ということで、さっそくお邪魔してきました!

車を持っていないので、天神郵便局前から
バスで揺られること、約50分(600円)で「久山」バス停に到着。
幸いなことに、バス停を降りればすぐ近くがお店です。

私事ですがカメラのレンズを新調してみたので、
調子に乗ってバシバシ撮らせて頂きました(迷惑な客ですね)


入り口はこんな感じです。
玄関のドア、アメリカから取り寄せたらしいですよ〜。


各国から集められたガーデングッズたちが、ところ狭しと並びます。
黒板に商品をぶら下げて説明を書くテクニック、
どこかで使えないかなあ(え〜)。


季の庭ならではのサービス、「土のブレンド・量り売り」。
お庭のプロが植木の状態に合わせて土を選んでくれたものを、
必要なだけ購入することができます。
ホームセンターなどで、大袋のみで売られている土を見ていて
このサービスを思いついたそうです。なるほど〜。


お庭仕事をおしゃれに楽しんで欲しいということで、
ファッション性の高い商品も数多く取り扱われています。
このHUNTERなんかはセレクトショップでも定番ですよね。
写真の、柿色のタイプは初めて見ました。


こちらは野鳥用のバードハウス。使ってみたいなあ!
うちの近所にはスズメしかいませんけど…。


今回の(自分の中)目玉商品、キャスト(鋳造)のドアストッパー。
「ネコ、なぜカメラ目線!?」「ウサギ、顔面ブロック(石崎)かよ!?」と
この無表情っぷりがたまりません。
お友だちに頼まれていたウサギの方を確保しました。


2階は打ち合わせテーブルとゲストルームになっていて、
お客さんからのお庭の相談を、ゆっくりとお話できる空間を
作ったそうです。1階とは吹き抜けでつながっていて、開放感があります。


窓からの景色はこんな感じ。稲穂が色付いてきて、もう秋ですね。
手前には小川が流れていて、緑の香りがして気持ちいいですよ!


これから備え付けのキッチンや薪ストーブを使ったイベントなども
行う予定だそうで、ぜひまた遊びに行きたいです。
ありがとうございました…って、カメラがマニュアル露出なので
油断するとすぐにこんな感じになっちゃいます。
カメラについてはまた書きま〜す。

お店も、これから少しずつディスプレイなどを整えて行くそうなので
これからも楽しみです。エクステリアやお庭に興味がある方は
ぜひぜひ遊びに行ってみてくださいね!


tei-en 季の庭(ときのにわ)
OPEN 土・日のみ11:00〜18:00 ※9/15[祝]は営業
福岡県粕屋郡久山町久原1112-2
TEL 0120-75-1128
http://www.tei-en.jp/

大きな地図で見る

ガーデンセレクトショップ「tei-en 季の庭」は9/15[祝]オープン!


あれ、どこかで見たような…

cafe sones/icone」、「喫茶 陶花」、「optical shop 4-AD」…
福岡を代表とするショップの数々を手がける建築家でお友だちの
宮城雅子さんの新しいプロジェクト、ガーデンセレクトショップ
「tei-en 季の庭」が9/15[月・祝]に
陶花と同じ糟屋郡・久山町にオープンします。

宮城さん、以前からずっとお会いしたかった方だったんですけど
4月に行われた、こどもが運営するカフェ「こどもカフェ」の際に
ようやくお会いすることができました。
今回は施工中の現場を見学させて頂いたので、
何部か分けて頂いたリーフレットと併せてご紹介しますね。


場所はトリアス久山と篠栗駅の中間地点。
川沿いの小道を抜けて行った先の、白い建物が目印です。
古い日本家屋をリノベーションしてショップに再生!


お庭の設計や施工を専門にされている、オーナーの久芳さんが
プロの目で選んだ各国のガーデン用品が並びます。
お店の中にはキッチンや薪ストーブも設置されていて
料理のイベントなんかも考えてらっしゃるそうですよ。


取り扱いブランドはオランダ、イギリス、フィンランドなど。
せっかく遠方から来て頂くのだから…と、普段はなかなか手に入らない
海外の商品を集められたそう。サリースコットでも扱っている「HUNTER」の
レインブーツなんかも並んでいました!


お店の営業は土・日のみですが、久芳さんの本業である
お庭の相談などはいつでも受け付けていらっしゃるそう。
オープン日の9/15[祝]には遊びに行く予定なので
後日、写真レポートしますね!
お時間のある方はトリアスや「喫茶 陶花」と合わせて是非☆

tei-en 季の庭(ときのにわ)
OPEN 土・日のみ11:00〜18:00 ※9/15[祝]は営業
福岡県粕屋郡久山町久原1112-2
TEL 0120-75-1128
http://www.tei-en.jp/

大きな地図で見る

野田凪さんの件



Nagi Noda Passes Away | Creativity Onlineより。
昨年の交通事故の影響かもしれないけれど、正確にはわからない、とのこと。
マークライデン(ブロークンレーベル?)、シャネル、
ヴィクター&ロルフを身に付けての旅立ち。

色々と思うところもあったけど、好きだったな。
ずっと本やモニタの向こう側で、悪ふざけをしている人で
居て欲しかったです。

京都みやげ


ようやく、少し仕事が落ち着いて来ました。
ほっとしたらいきなり偏頭痛が襲って来て、よく出来てるなあと思った次第。

9/6[土]に行われた京都音博から帰って来たeさんから
おみやげを頂きました。Tシャツとスマートコーヒー
写真に写ってるのは背面ですけど、ここで5色、正面の京都タワーに
1色の計6色で刷っていて、これで3000円はがんばったなーという感じ。
その分生地が薄いので、下に何か着ないと大変なことになりそうですけど。
去年からずっと欲しかったので、嬉しいです。


おやつその1、聖護院八ツ橋。僕は生より焼いたやつが好きです。
この小さいサイズが、ぱりっとした食感を際立たせて
美味しいんですよねえ。
外国の人にはシナモンクッキー!とか言って説明するんでしょうかね。


こちらは進々堂のあんぱん。
初めて食べることができました。あんぱんと芥子の実の相性は鉄板ですね。
パッケージの裏を見たら、意外と添加物とかが入っているのが
逆に昔っぽくていいような(いいのか?)

肝心のライブの方は、The Real Groupというスェーデンの
アカペラ5人組が物凄かったそうです。うらやましい!
今年はずっと仕事でサマソニとかにも行けなかったし、
来年こそは暇を作って京都に行ってやる!な残暑です。

小林章欧文タイプ・セミナー「実践アルファベット!」質疑応答

欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)
小林 章 美術出版社 売り上げランキング: 16749

2年前に受講した、葛西薫さんと高井薫さんのトークショーで
お二人が絶賛していた本が、「欧文書体―その背景と使い方」。
日本人でありながら独ライノタイプ社のタイプディレクターを務めている
小林 章さんが、欧文書体のことを誰にでも分かるように
やさしく解説してくれる本です。

コンピュータなどの特定の環境を対象にしていないので、
上に挙げたお二人のような、グラフィックデザインの最前線に居る方から
僕のような駆け出しデザイナー、文字に興味がある小学生まで
誰が読んでもレベルに合わせて楽しめる、素敵な本だと思います。
(発刊当時もこのブログで取り上げてたりしました

そんな小林さんですが、今日たまたまデザイン塾関係の調べものをしていたら

2007年 小林章欧文タイプ・セミナー「実践アルファベット!」質疑応答

こんなページを発見!
2007年10月に東京TDCが実施した、小林さんのタイプセミナーから
参加者と小林さんによる質疑応答がびっしりと記録されています。

文字については神のような存在の方なので、みんなそれぞれ絶対的な答えを求めて
質問を出しているのですが、それらに全てに「○○は△△です」みたいな
直接的な回答を出さずに、素敵な回答の数々を出しているところに
氏の優しさや思いやりを感じました。

僕、最近デザインの仕事が(当社比で)上手く行っているにも関わらず
同世代で同業の方々と比べると、どうにも情熱が足りないなあと
自分の将来が心配になっていたのですが、このやり取りを見ていて
「あ、そうだ、こんなに面白い世界だったんだ」と
ふつふつと気持ちが沸き上がってきました。

もう少しだけ、がんばれそうな気がします。
これ、本当におすすめページです。「欧文書体〜」の副読本としても、ぜひ。


…で、気が付いたら2冊目が8/22に発行されてたんですね!
今度書店で買ってこよう!

落ち込むこともあるけれど、私は元気です。



携帯ゲーマー日記「DUKE NUKEM MOBILE 3D」

インターネットで手軽に口コミ情報が手に入る現在。
ゲームも買う前にほとんどの情報を入手出来ることができるので
以前のように「しまった!箱の絵にだまされた!」
みたいなシチュエーションもなくなってしまいました。

最近のゲームパッケージデザイナー、以前よりつまらない仕事になってるかも
しれませんね。身近にやってる人が居ないから分かりませんけど…。

そんな中、唯一の無法地帯とも言えるのが携帯ゲームの世界。
パケット定額などとは無縁の暮らしをしているので、
遠方に向かう電車に乗ったりした日にはさあ大変。
数枚の画面写真と文章から、内容を推測しなければなりません。


そうなると、やはり強いのがこれまでに発表されたゲームの
携帯アレンジ版だったりします。
今回購入したのは「DUKE NUKEM MOBILE 3D[420円]」。
MEDIASKINだから、EZWEB版ですよ〜。

かれこれ10年前に発売された、シュワちゃん的なキャラクター
デューク・ニュッカムちゃんがアレでアレな名作です(未プレイですが)。
グラフィックは意外と頑張ってますが、重い!
敵キャラは何もない空間からワープして来るのですが
その際に少しだけ処理落ちします。
まあ、敵の気配を感じる俺!みたいに前向きに捉えることも
出来なくはないですし、ゲームスピードが遅くないと
携帯でFPSは無理でしょう。


アイコンのデザインがいかにもアメリカ的。

押しにくい「カニ歩きボタン」に悩まされながら、
ようやく全22面をクリア!終わってみれば意外に面白かったです。
欲を言えば雰囲気はいいのだけど、もう少しボリュームが欲しかったかな。
あと420円で買っても追加ダウンロードが数回あったので、
ひょっとしたら倍ぐらいはau様に納めている計算になるかもです。恐ろしい!

これ以外にもけっこう携帯ゲームは買ってしまっているので、
いい歳して電車でゲームしている人達のために
今後も紹介したりしますね!

BREWまとめサイト - DUKE NUKEM MOBILE 3D

<おまけ>

PC版のゲーム画面。遊んだことないけどすっごい面白そう!
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52