祈りの丘 絵本美術館


このあいだ長崎県美術館に行った際に、「絵本美術館は?」
とおすすめして頂いていた「祈りの丘 絵本美術館」。
方向音痴なので辿り着けるか心配だったのですが、
大浦天主堂の前の、賑やかなおみやげ街を歩いていると
そこだけが別の世界にあるような、ひっそりとした建物に辿り着きました。
長崎らしいれんが造りで、屋根は瓦葺き。


入り口前の銅像。少年と子熊の組み合わせって
絵本の象徴として素敵な気がします。
スリッパに履き替えて中へ(←ここで既に、ときめいています)。

1階は「子どもの本の店 童話館」があり、
厳選された1万冊の絵本とnaefなどの美しいデザインのおもちゃ、
絵はがきなどのおみやげ物を扱っています。
からすのパンやさん」大好きだったな〜。
お店の人がカウンターで一心不乱に読書していたのが印象的でした。
それはもう、サボりの域を超えた本気度で。

2〜3Fが絵本美術館で、入館料を払って絵本の原画などを
観る事が出来ます。いくつかの展示会が行われていたのですが、
気になったのは「ヴィクターとクリスタベル 〜そっと恋して 原画展」。

ヴィクターとクリスタベル?そっと恋して
美術館で働くワニのヴィクターが、絵に描かれたクリスタベルに
恋してしまうお話。表現も話も簡潔だけど、読んだ後に
何かが残る感覚がありました。
完成した原画の他にも制作に使ったトレーシングペーパーに
鉛筆で描かれたものなども並んでいて、作者が絵を描いていた
気配のようなものを感じて嬉しくなります。
絵本、作ってみたいんですよね〜。

嬉しくなったので、お店の方に
「すっごく良かったです、ありがとうございます!」と話しかけて
ちょっとお話ししたんですが、ここの会社は「童話館出版」という出版部門を
持っていて、絶版になった良作や、海外の作品を翻訳して
出版されているそうです。その数130作以上!
販売先は主に学校や図書館だそうですが、このお店や通販で購入できるそうです。

確かに、こういう方法なら大都市じゃなくても活動出来ますもんね。
3階のラウンジみたいな所では、長崎の絵本業界の今後について
熱く語っている人たちが集まっていました。展示会の内容を
真剣に話し合ってたみたいです。

ちょっと話しかけて、輪の中に入りたかったけど
もちろん脱出しましたよ!ミサコは人見知りする子です!

こどもの本の童話館グループ
http://www.douwakan.co.jp/


<おまけ>

向かいにあったお土産屋さん。
白地+サンセリフ体の、「ふつう」の組み合わせが好きです。
これのおかげで周りのお店より目立ってる気がしました。

ジェネレーションギャップってなんだっけ!?


土曜日の天神・NTT前。
林檎さんもspringが似合わない年齢になってきたのかなあとか
思いながら、JTのフリーマガジン「FILT」を拾ってきました。


本能の赴くままに生きる峯田君と
全てを受け入れたみうらじゅんの対談。読んでいて清々しい。

ひっかかったのは山田五郎といとうせいこうの
「バブル経済からミクシィまで。雑学界ツートップの“ジェネレーション放談”。」
で、現代のいわゆるネット世代を批判しているんだけど
結論が「自ら情報を遮断するしかないよ。」という所に落ち着いていて、
最近どうもこの手の話を聞く機会が多かったのも手伝って、
ちょっとムカっと来た。

ニュースなどで「最近の若者はすぐキレる、何を考えているかわからない」
という話をよく聞きますが、当事者の僕としてはこれを聞いて
「あ、すぐキレたり何を考えているかわからなくても
みんなそんな感じなら、僕もキレちゃおっかな〜」と
考えが動かされてしまったりすることもあるわけで、
みんながあんまり物事のネガティブな面について語りすぎるのは
良くないな〜と思ったりします。
心配しすぎるとホントにその通りになっちゃいますよ〜って。

もっと世の中が良くなったり、便利になったことについて
しっかり喜んだりすることも大事な筈です。
情報がこんなに簡単に手に入るようになったんだから、
これをベースにもみんながそれぞれ一歩ずつ先に
行けるといいなあと思います。

二人とも尊敬している人たちだからこそ
情報量が増えた現在の世の中との新しい付き合い方を
提案して欲しいとか、勝手に期待しすぎてたのかもしれません。

なんか偉そうな割にしどろもどろな話になってしまったのですが、
とりあえずこの違和感をどこかに出しておきたかったので
メモ代わりに載せちゃいます。
「情報と俺」については今後も考え続けたい次第です。おわり。

あ、9月にスライダーズが福岡に来ますね。
チケットが割とお高いのですが、死ぬまでに一度は観てみたいです。

みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショー10
JAPAN TOUR 2007 ロックンロール・スライダーズ
「みうらさん、やりすぎだよ!」
http://www.r-sliders.com/ss10.html

パンパカパーンTシャツ&サンプラザ中野シューズ


ユニクロミーナ天神店の●●です。
ジャパニーズアーティストTの菊池敦己さんのものが入荷致しましたので
どうぞご来店ください。

留守電が入っていたのでお昼休みにユニクロへ。
ミーナ天神店は場所柄も手伝って、この手の商品が売り切れやすいので
取り置きしてもらっていたのです。
いわゆる「獅子は兎を狩るのにも全力を以てす」というやつですね!
お財布にやさしい1500円。

パンパカパーンな感じのバカ柄で、これで僕も裏原系の仲間入り。
着てるとテンションが上がります。楽しい!
近づいてみると絵柄が若干透けていて、グレーの生地の織り目と混ざって
いい感じの色合いです。きっと白地だったら体操着みたいになって
着回しにくかったと思う。身幅は細身で袖も短めなので、
女子の方はSサイズでどうぞ☆


他にはどんなTシャツがあるかな〜と思って売り場に行ったら
サンダルも出ていたので買ってしまった…。こちらは1000円。
ビルケンかカンペールかプレミアータかどれにしよう…とか
考えてたけど結局ユニクロになった夏の足もと。履いた感じはhavaianas
そんなに変わらない気がします(要するに、ちょっと履きづらい)。

他には宇川直宏さんとかタナカカツキさんのパンダのやつも
可愛かったです。こういうポップなサブカル的なものが
田舎のおばちゃんとかの目に触れるのって、ちょっといいなと思います。

となりはMARC JACOBS×VANSのスリッポン。
宇宙人柄なんですが会社に履いて行ったら「サンプラザ中野?」と
言われたのでサンプラザに決定です。裏地がレザーだったり
ちょっと豪華仕様。これの真っ白なやつをヱビスのCMで
曽我部恵一が履いています。

心斎橋で一目惚れしたものの、お金がなくて断念していたら
裏原系通販サイトで半額だったので購入。

関係ないけど今日はとなりの席の女子が「趙雲」と書かれた
Tシャツを着ています。お兄さんに三国志に詳しくなると
男子の喰い付きがいいぞ☆と教わったそうです。確かに!

伊万里の「第2回 アート道(みち)」


人通りの減った佐賀県・伊万里市の中心部にある商店街。
その空き店舗を利用してアート展示・ワークショップ・ライブを同時に行い、
商店街を活性化させようというイベント「アート道(みち)」が
5月25日(金)〜27日(日)に行われました。

このイベントは2回目の開催で、今回は「音」をテーマに
11組の個人・団体が参加しています。
お友達のこま2さんが主催されているということもあって
颯爽と見学に行ってきました。

上の写真は下着屋さんだった「ラブリー(←すごいネーミング)」を使って
1つの曲を選んでテーマにしたグラフィックや彫刻作品を
展示されていた「crispy」さん。
お隣は別のグループがブティックだった店舗を使って
陶器作品の展示販売を行っていました。伊万里は陶器の産地ですもんね。
音やリズムをテーマに絵付けしているようでした。


メイン会場の旧親和銀行の前で行われた
三線サークルの「にらいかない」さんのライブ。
以前も来たことがあるんですけどこの建物、とてもいい雰囲気なんです。
銀行内では有田工業高校デザイン科OBの皆さんによる「ありてん」が
行われていました。それぞれの作品の前にはヘッドホンとプレーヤーが
置かれていて、制作のテーマとした曲を聴きながら
鑑賞できるようになっています。
鈴が入った風船に絵を描いて膨らませるワークショップにも
ちびっ子たちが群がっていました。みんなポケモンが好きよねえ。

隣では現役の有田工業高校デザイン科の3年生が
音の出るおもちゃを制作して展示していました。
発想も技術もピンキリと言った感じで可愛かった〜。
と言いつつ、僕が作ったらもっとショボいのが出来そうです…。


商店街にあったお醤油屋さんでお昼ご飯を出して頂きました。
玉葱とジャガイモの酢の物が美味しかったので、
奥様に作り方を教えて頂いたり。千切りしてすし酢で和えるだけで
こんなに美味しくなるんですね!とか言ってたら
「酢が違うけん」と旦那様。さっそくすし酢を購入しました。
ここも建物や家具がいちいち素敵な空間。

お客さんとして来ていた一人のおじさまに
伊万里の昔の話をして頂きました。それによると、江戸時代は
この商店街にも80件の旅籠(はたご)があり、お客さんは
焼き物を注文して出来上がるまでの数ヶ月間、逗留していたそうで
たいそう栄えていたそうです。へえぇ。

おじさま達はみんな、若い人がこれだけ頑張っているんだから
わしらも何かしないと、みたいなことを口々におっしゃっていました。
この「アート道」がきっかけになって、伊万里の人たちが
自分たちの住む土地のことを考えるきっかけになっているみたいです。

こういった流れが大きくなって伊万里が元気になったりいいな〜と
考えながら商店街を後にしていると、町内放送のスピーカーから
「ただいまをもちまして、第二回アート道を終了します!」という
こま2さんの声が。
準備段階からこの3日間まで、本当におつかれさまでした。
アニキ、かっこよかったですよ〜!

次回はホームページを作るぐらいだったらお手伝いしますんで!

<参考リンク>
[商店街丸ごと美術館に 伊万里で「アート道」25日開幕
灯籠150個も点灯 今年のテーマは「音」] / 佐賀 / 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/saga/20070519/20070519_002.shtml

CIRCLE'07日記


土曜日に海の中道デイキャンプ場で開催された「circle'07」に
行ってきました。キャンプ場の入り口に着くと、良い具合の
人の少なさ!あ〜もう、楽しくなりそう!
日差しが強すぎて、携帯で撮った写真がトイカメラみたいになった。


列に並ばずにまったりする人、多数。
このベンチ、一人掛けなのに作りが豪華です。


会場に入ってさっそく
neuf:bakery cafeのテントで
パンを買ってみました。「♪たろパン♪」ですってよ!
結局この日はボンジュール食堂の豚パテサンドウィッチ、
sonesのクラム丼(豚キムチビビン丼みたいなの)を
頂きました。食べ過ぎ!?
天気が良かったので珍しく緑色のエビスビールを
飲んだりしましたよ〜。

ライブを全部見終わった後で感じたのは、
やっぱり僕は向井秀徳が相当好きなんだな〜ということでした。
自分でもすっごい意外。

カヒミ・カリィがフランス語で詩の朗読を始めた時も
あまりのオシャレ偏差値の高さに
「そんな恥ずかしいことを平然とやってのける!
そこにシビレるぅ!憧れるぅ!」と感銘を受けたのですが

向井さんの場合は更に斜め上を行っていて、
普通の人がやったらドン引きされそうな言葉や音や行動でも
「ああ、アリかも…ていうかむしろスキかも…」と
感じさせることが出来る希有な存在なんだと思います。

ZAZEN BOYSのライブでもいつもそうなんだけど、
最初は笑ってるんだけど、最後はジーンと来ちゃうんです。
あの変なリズムとか繰り返される同じ歌詞とか
「ディスイ〜ズ、ムカ〜イシュウト〜ク」の名乗りはみんな
聴いている人の精神的なリミッターを外すためなのかも。

今回のイベントでは他の好きなバンドの人たちも
いっぱい集まってたわけなんですが、ライブを聴いた時の
自分の中に沸き上がって来る気持ちが全然違うな〜っていうのが
確認できました。収穫収穫。


ライブの合間で清掃に走り回るgreenbirdの皆さんのおかげで
会場も綺麗で居心地良かったです。
僕は日光に負けて途中でぐったりしてましたけど。

あと、オフィシャルTシャツとして古着のTシャツの上から
ロゴを蛍光ピンクで刷ってたのは良かったな〜。
見た目にもいい感じかつ、リサイクルも出来てて。

あ、参加してたお店の皆さん、greenbirdの皆さん、
一度もお話ししたこと無いけど面識はいっぱいありそうな
このイベントの立役者、マツオさんと関係者の皆さん。
おかげさまですっごい楽しかったです。ありがとうございました!
なので、来年もぜひぜひ開催してくださいね〜。
(↑これが言いたかったらしい)楽しみにしてます!

萌え皿と俺


お誕生日のお祝いにもらったプレートセット(ありがとうございま〜す)。
ものすごく既視感のあるキャラクターがポイントです。
でら可愛い(名古屋弁)のですが、子供用サイズなので
27歳独身男性の食料を載せるにはどうにもスペース不足。

というわけで、バールカッセスで買って来た
小さい食パンを載せてみました…が、はみ出してる。
半分だけ載せればいいのにね。
このあとハチミツをかけて美味しく頂きました。
余談ですが、朝が弱い人は朝食にハチミツトーストを食べると
糖分で脳が活発になっていいらしいですよ!


第2回戦。うーぱんベーカリーのベーグルを買って来て
なすソテーとトマト(写ってないけど)、チーズを挟んでみました。
ここのベーグルは大きめなので、他のものを置くスペースが無い…。
サンド、見た目は地味だけどすっごい美味しかった。
美味しくない要素が無いから当たり前なんですけど。

右側の宇宙生物みたいなのはたぶん卵だと思う。

<反省>
大人サイズのパンとかベーグルとかだとお皿からはみ出してしまうので
カレー、オムライス、ナポリタンとかの形が流動的なものを置いた方が
良いような気がしました。先に気付けよ!
あ、ホットケーキ置いて食べたいな〜
アイスクリームとか載せてさ〜どこまでも甘党さ〜。

ちなみに料理はそんなに得意ではないです。

OK FRED vol.9と家族のこと

OK FRED vol.9

気が付いたらOK FREDの9号が出ていたので
天神の青山ブックセンターに買いに行きました。

いつも「そうそうそう、そこが気になってたの、僕は!」と
脊髄反射で膝を叩かせてくれるこの雑誌、今回の特集は
「The Mamas and The Papas 親孝行、今がチャンス!」
なんで親孝行?と思っていたら
Corneliusこと小山田圭吾のお父さんが亡くなったことが
きっかけだったそう。

Sensuous
インタビューによると、このアルバム「Sensuous」を制作した
3年間は、脳梗塞で倒れたお父さんのお見舞いに寄ってから
スタジオに行く、という毎日だったとか。
CDの最後に入っているシナトラの曲も
お父さんの荷物の中にあったレコードが使われているそうで、
そういう話を聞くと、とてもポップな音楽だなあと思って聴いていた
このアルバムも、今までとは少し違って聞こえるものですね。



先日、50代の父と、90代の祖母と3人で北九州にある
10数年前に建てられた父の建築を観に行く機会がありました。
3つの学校が統合される際に建てられた建物で、
「現在・過去・未来」、すなわち「時」をテーマにした
時計塔を中心にした小学校。

祖母はこれまでずっと広島で暮らしていたのですが、
小倉の実家に引っ越してくることになったんです。

父は、自分の母親といっしょに居られる時間を考えて
祖母と一緒に暮らすことを考えたんだろうな。
「わしらは勝手に楽しく暮らすから、勝手にしたらいい」って
言っていたくせにな〜。

そうだそうだTシャツを刷ろう


シルクスクリーンの見学に、とある教室にお邪魔してきました。
おしょうさんのお友達の子供たちのステキな絵を
Tシャツにしよう!という、ステキなアイデアが形になる瞬間。

僕も小さいときにこういう体験ができたら良かったなあと
思ったけど、当時描いていたのがサンバルカンとか聖矢とか
ガンダムなんかのキャラクターものばっかりだったから、
こんなに素晴らしい絵にはならないだろうな〜。

そこで知り合った6歳と8歳の画伯がとっても可愛くて
気が付いたら一緒になって
かくれんぼしたり階段じゃんけんしたり足じゃんけんしたり
ポケモンカードで対戦したりけんかしたり
おんぶやだっこや肩車をして半日ぐらい遊んでいました。
・・・見学に行ったのに、逆に彼らのテンションを上げてしまって
先生方の作業の邪魔になっていたような気がする・・・ごめんなさい。

でも、すっごく楽しかった!
なんか彼らを通して小さいときに自分が感じていたことや
大事にしていたものを思い出せた気がする。
みんなありがとう!仕事の邪魔したけど!
カレーも美味しかったです!

いろいろ説明を聞いて、シルクスクリーンの仕組みや
使い方もだいぶ分かった気が。
「シルクは水以外なら何にでも刷れる」って言ってたな…。
壮大な計画(脳内で進行中)がまた一歩、完成に近づきました。

自作(手作り)オリジナルTシャツ製作 シルクスクリーン印刷 に挑戦
http://t-shirt.suruyo.com/silk2/index.html

ここを見て自力で刷ろうと思っていたけど、
教室を借りて作るのも良いかもしれない!というか、そうする方向で!

伊万里市の商店街が丸ごと美術館に。「アート道」は25日から開幕です。



西日本新聞のサイトにこんな記事が

伊万里市の商店街が丸ごと美術館‐。街角を芸術で彩る
「第2回アート道(みち)」(西日本新聞社後援)が25日、
市内の本町名店街など3商店街で開幕する。
今回は「音」をテーマに鑑賞無料の楽しいアート絵巻を展開する。
27日まで。

<中略>

小松代表は「アートを身近に感じてほしい」と来場を呼び掛けている。

いつの間に西日本新聞社後援に!?すごいな〜。

というわけで、お友達のこま2さんが伊万里で「アート道」という
イベントを開催されます。
人通りの減った伊万里の商店街の空き店舗を利用して
陶磁器や絵画、写真、イラスト、音楽と映像のインスタレーション、
ワークショップ、ライブなどの体験が出来る、アートのお祭りです。

こま2さんの同級生たちが集まって始めたこのお祭りは
色んな人たちを巻き込みながらどんどん大きく、
面白くなっているような気がします。
mixiのコミュニティなどを見ていると、そんな熱気が
ムンムンと伝わってくるのです。

地元の人たちの新しい楽しみを生み出しているこの催し、
とても素敵な試みだと思うので前回の第一回に引き続き
今回も遊びに行ってみたいと思っています。
(時間の都合でお手伝いができなくて申し訳ない!)

人が来れば来るほど楽しくなりそうな感じなので、
佐賀の人もD+から来た県外の人も、どんどん遊びに行っちゃってください!

ないあがらせっとの「Sound Of Garden」、6/6(水)発売です。



このサイトでもときどき紹介している
小倉のお友達、中村さんのバンド「ないあがらせっと」。
ベルウッドレコードから発表された「NAIAGARA SET」「ホリデヰ」以来
およそ4年ぶりとなる3枚目のアルバム「Sound Of Garden」が
インディーズレーベル「TONAKAI SOUND CORP.」から
6/6(水)に発売されることになりました。めでたい!
14曲入りでなんと1,000円(税込)。

という訳で、いや〜、長かったね。
ようやくリリースします!というか、
リリース出来ない理由は特別なかったのですがね。
3rdアルバム「Sound Of Garden」は、僕にとっても
思い入れ深いアルバムで、音質や演奏技術などは
決して高いとは言えないんだけど、アルバムというより、
長編の映画のようなコンセプト性があって非常に好きなんです。
予約もちらほら頂いておりまして、長期にわたり、
ないあがらせっとを応援して頂いている方に感謝感謝。
ありがとね〜!

価格はどうやら感謝の気持ち、みたいです。

音楽のことは文章で説明するのが難しいので、まずは
こちらのページに行ってみてください。
今回のアルバムからの曲が3曲、おまけが1曲置いてあります。
試聴&無料ダウンロード(DL)できるので、まずは聴いてみてください。

いかがですか?
気になった方はダウンロードしてiPodにでも入れて
近所を散歩してみたりするといいと思います。
曲が頭から離れなくなってきたら、そろそろ購入してみましょう。

今のところ販売形態が公式サイトからの通販のみとなっていますが
中村さんから「CD送るから福岡の人に代わりに売って欲しいのよ」との
ご連絡を頂きましたので、欲しいから今度会ったときに持ってきて〜という
方がいらっしゃいましたらコメント欄に書き込みして頂くか、
こちらのアドレスにメールを下さいませ。
心を込めて手売りします。

え〜と、コホン。「circle'07」で検索してきた
細野晴臣ファンのあなた!
カヒミ・カリィが好きな根岸君のようなあなた!
向井秀徳の変態的な音楽が好きなあなた!
あとハナレグミやクラムボンやSAKEROCKやDouble Famousが
好きなあなた、おすすめですよ〜。
(↑全部じゃん、というツッコミはナシの方向で☆)

急ごしらえで作ってみました、MySpace。
こっちの方がmf247より試聴が使いやすいんです。
関係ないけど変な外国の方からいっぱいフレンド登録依頼が来てます。
ないあがらせっとのMySpace
http://www.myspace.com/naiagaraset


<閑話休題>
あ、私信ですがヤカベさん、リンクありがとうございます。
いきなり言及されていたのでビビリました!
心の中で小躍りしています。
コメントが付けられないのでこの場でもってお礼をば。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52