昼下がりのキセル

はらいそ

9月30日のお昼にcafe Tecoで行われた、
キセルとエマーソン北村さんのライブに行って来ました。

前半、後半の2部に分かれていて
前半はいつもの調子でリズムボックスの音に合わせての演奏。

機械から出て来る音はヒップホップみたいなビートなのに
そこに2人(+1人)の声と演奏が加わると
突然、景色が広がって行くのはいつ観てもジーンと来てしまいます。
ただ、どうも今回は何かがおかしい。
あら僕が慣れて冷めちゃったのかしら、キセル倦怠期?

とか思っていたら、
後半からは二人の声が一気に出るようになって一気に復活。
おなじみのノコギリも出て来て
いつもの調子が出て来たみたいでした(偉そうですみません)。

カバー曲はいつも演奏される高田渡さんの「鮪に鰯」ではなく
「系図」と、細野さんの「四面道歌」でした。

「四面道歌」、初めて聴いたのですが、
この歌詞は…西遊記(西田敏行)と火の鳥(手塚治虫)の引用?
歌詞とメロディ、リズムの組み合わせが
絶妙なバランスだったので、心の中で「すげえ!」と唸りました。
あんまり詳しく知らないけど、御大と言われるのには理由があるのだなあ。

これから細野さんもゆっくり聴いて行こうと思っています。
知らないことが沢山あるというのも、楽しみが多くていい感じです。
高田渡さんもやっぱり大好き。三枚組BOXを買って来ます。

キセルは新曲もいっぱい演奏してくれて、
来年早々にアルバムと一緒に福岡でワンマンを行うそうです。
ええ行きますとも!

「基調の響き 多層の扉」@ 旧大連航路上屋1号倉庫


↑ココ 普通に開演を待ってるジム・オルーク様

10月いっぱいまで開催されている「北九州国際ビエンナーレ」。
その関連イベントで大友良英さんがプロデュースするイベント
「基調の響き 多層の扉」が9月29日に門司港で開催されました。

お目当てはジム・オルーク先生。神です。
アート系のイベントということで、
ひょっとしたら実験音楽みたいな演奏かもしれないけど
手元にあるアルバム「Eureka」「Insignificance」を聴く限りは
どう転んでも付いて行ける気がする…と思って会場に到着。

もともと倉庫として使われていた建物の前には
なんだかおしゃれ偏差値が高い
(外見や洋服じゃなくて中身が凄そうなオーラ)の人たちが
ぞろぞろと。外国の人も多くて、英語圏に来たみたいで軽く酔う…

…と、目の前に神が普通に立っているのを発見!
どっどどどどどどどどどどうしよう!!!!?????と思いつつ、
場内に入って機材をセッティングしているところに突撃して
握手してもらいました。神と握手!
神、髪の毛がふわふわで目が青くて優しい雰囲気で
素敵だった〜。日本語通じるし。


倉庫の中はこんな感じでした。
何も無い日に来たら命の危険を感じそうなロケーションです。

握手にあんまり興奮して、スキップ気味にうろうろしながら
他の人のパフォーマンスが終わり、いよいよ神の出番…



…ごめん寝た!!!しかも一番前で。

や、だって「音楽」じゃなくて「音」なんですもの!
真っ暗闇の中で「カサカサ」「コォォォォ」「リィィィィ」っていう
音だけが聴こえる空間が何十分も続いたら、そりゃ寝ます。
う〜んもうちょっと覚悟してくれば良かった。

「今日は楽しみにしてます」とか調子いいこと言ってたくせに
バカバカ僕のバカ!

周りの人も結構寝ちゃっていたけど、みんな拍手してたなあ。
「すっごく良かった!」という方が居たら
ちょっと詳しく訊いてみたいところです。う〜ん。

Eureka

Insignificance
こういう感じの演奏って、もう観る機会は無いのかなあ…。


<おまけ>

この門司港ホテル、建築には詳しくないので良くわかりませんけど
アルド・ロッシっていう有名なイタリア人が設計しているそうです。
そんなことより以前テレビで観た社員教育の様子がとても過酷で
ちょっと近づくのが怖かったりします。

10月の福岡は、「◯◯な街」がいっぱい


最近はメディアを通じて「福岡はゲーム会社がいっぱいある街」というのが
全国的に広まっている気がするんですが、
他にも福岡を「◯◯な街」にしたいと思っている(ですよね??)人たちが
10月に集中的にイベントを行っています。

このサイト、デザイン系ブログポータル「D+」を通して
県外の方に福岡の状況をお伝えするのが目的の一つだったりするので
ここでまとめて紹介しますね。


10月1日(月)〜31日(水)
BOOKUOKA / ブックオカ 福岡を本の街に




今年2年目を迎える「ブックオカ」。
けやき通りで開催される「一箱古本市」をメインに
「有山達也 装幀、雑誌のしごと展」「書店員ナイト in-福岡」、
「福岡の書店員65名が選んだ 激オシ文庫フェア」
「BAR BOOKUOKA(別称/BAR眼鏡男子)」などなど
本と読者をつなぐ色々な催しが行われます。

期間中は市内の書店のブックカバーが「おでんくん」バージョンに
なるそうですよ。リリーさん一応地元ですもんね。
僕もお手伝いすることにしたので、どこかで店番とかしてるかもしれません。


10月1日(月)〜5日(金) 朝7:00〜10:00
ちょっと早起きして、天神で朝ご飯を食べよう! 福岡・朝カフェ2007


朝ごはんを食べることの大切さ、朝の有効な活用法など5日間の実験として
渡辺通と警固公園の周辺に「朝カフェ」が登場します。
IMSの「峠の玄氣屋」、干物が美味しい「進藤商店」の和食メニューや
おなじみ「メゾンカイザー」「エリザベスマフィン」の
クロックマダムやマフィンなど、朝からいい感じに栄養が摂れそうな朝食を
300円前後の低価格で販売します。これは定期的に開催してほしいな〜。
(昨年の様子はこんな感じだったみたいです。干物とみそ汁!)

会場での配布物を一部作らせて頂いたので、
タブロイドっぽいものを見かけたら拾って下さいませ!

http://asacafe.com/


10月13日(土)〜14日(日)
街中に音楽があふれ出す ミュージックシティ天神


天神の至るところで無料野外イベントを行うという大胆な企画も
今年で5回目。外から見ている側としてはかなりこなれてきた印象があります。

昨年は警固公園ステージラストの曽我部恵一さんが、
日が暮れて真っ暗になっても演奏をし続ける姿に
うっかり感涙してしまったのがちょっと恥ずかしい記憶。
今回観に行きたいのは

GO!GO!7188、寺尾紗穂、コトリンゴ、
スカンク兄弟with原田郁子、おおはた雄一+高田漣+KAAS

このあたり。おおはたさん久しぶりだ〜。スカンク兄弟のパーカッションは
郁子さんがソロのときのAD、有山達也さんです。

http://blg.nnr.co.jp/mct/



10月1日(月)〜31日(水)
アートをたずねる月


アートやアーティストに関心を持ってもらい、神無月という神のいない10月を
アートでいっぱいに出来ればというイベント(←公式サイトより)です。
期間中は福岡県内のいろんなところで大小さまざまな展示が行われます。
僕の勝手な印象なんですけど、これは自分が住んでいるところの近くに
ふらっと観に行くのが良いような気がします。

ガツガツ観てまわるんじゃなくて、お店でお茶とか飲みながら
展示されてる作品をそっと見るような、そんな感じ。

http://fukuoka-artwalk.com/

あ、関係ないけどMAYA MAXX展が9月30日までかぁ。
ちょっと観たい気が…。


10月1日(月)
新タウン誌「f Sketch(スケッチ)」創刊




マイスィート湯川潮音ちゃんが表紙になったりと、
一部の層にはある意味欠かせない情報誌だった某誌が復活!
(って言っちゃっていいのかな?)

同世代の人たちが制作しているので、他のタウン情報誌より
自分たちの生活に近い、カフェ・雑貨・洋服・音楽の
情報が多くて好きでした。
たぶん↑に並べた情報とかもバッチリ掲載されていることでしょう。
とりあえず一冊買って来ま〜す。

http://tenjin.keizai.biz/headline/1239/index.html


…という感じで、10月は一部の層の人たちにとっては
ヒジョ〜に楽しめそうな催しが行われていますので、
これを機会に県外の人が遊びに来るといいな〜と思った次第です。

ないあがらせっとの夕焼けライブ

小倉のお友達、ないあがらせっとのライブが
北九州の紫川河川敷で行われました。
お酒を飲みながら河原で聴く演奏、楽しい時間でしたよ〜。


あいにく来られなかった人のために、ビデオを撮ってみました。
マキシシングル「君と太陽」から「リゾート」です。
許可を頂いたので貼り付けちゃいます。

他にも2曲ほどアップロードしてますので
もっと聴きたい方はYouTubeで「ないあがらせっと」を検索してみて下さい。

ライブ、来月以降も行われるそうなので
映像を観て気になった方は一緒に観に行きましょう!

ないあがらせっとのMySpace
http://www.myspace.com/naiagaraset




演奏会が終わると辺りは真っ暗。
右側の建物、リバーウォークっていうんですけど
ずっと見てると巨大ロボに合体しそうな気がして来ます。
鉄人28号と戦いそうな感じの。

スターバックス 秋のタンブラー



スターバックスの、季節ごとに発売されている(と思う)タンブラー。
秋のタンブラーが発売になったので買って来ました。
このイラストを描いているノダタケシ君、学生時代の同級生なんです。
当時は紙コップにマッキーでイラストを描いていた覚えがありますが
その延長でここまできたのかぁ…と感慨深いものがあります。

これとは別にショッキングピンクのパターンもあって、
天神TSUTAYA旗艦店のスタバではほとんど売れちゃってました。さすが!
実際に見てないんですけど、プリンやヨーグルトのパッケージイラストも
描いているそうなので、スタバファンの方は食べてみて下さいね。


ノダくんのイラスト、他には大名のコーヒー店
ESPRESSO STAND demitasse」にも作品が置かれているので、
興味がある方は観に行かれてみてください…って、
実は僕が行ってないので今度行って来ます!

* taKeShi nOda ILLUSTRATION *
http://www.takeshi-noda.com/

これ、何の道具でしょう?


オーストラリア旅行に行っていた友人からお土産を頂きました。
これ、何に使う道具だかわかります?お風呂道具?砂場で使うやつ?








正解。
あまりにも簡単にスパッと切れるので
一瞬、息が止まりそうになりました。

ちなみに北欧ブランドIKEAのもの。
「寒い国の人はリンゴをいっぱいたべるんだ〜」と
素直に感心するべきか、
「わざわざこんな道具を考えなくても…」と
ツッコミを入れるべきか迷います。

皮はむけないけど、ケーキとか作るときに便利なのかもしれません。
暇ができたら焼いてみよっと。

デザインは可愛いし、何だかんだでかなり気に入ってます。
お土産ありがとう!

中秋のフライング/期間限定ショップ



夜、近所のお店で十五夜のお団子が売られていたので
「今日って中秋の名月!?」と、あわててピラミッド団子を購入。
北村茶園の有機栽培茶と併せて頂きました。ふう。
あんこが大好きなのです。

落ち着いたあとで、そういえば今日は23日だけど
十五夜って「15」だよなあ。旧暦?と思って調べてみると
どうやら今年の名月は25日だった模様。フライングでしたか…。




そうそう、9月26日(水)まで、薬院の「MOGGIE CO-OP」で
シアタープロダクツの期間限定ショップがオープンしているということなので
バイクを飛ばして行って来ました。

残念ながらレディスのみの販売だったのですが
カラフルだけど落ち着いた色合いとか、上品だけど女性的なラインだとか
やっぱりとても好きな服なので、目の保養になります。
表が花柄、裏が水玉の靴下って!
男子の服は来月末に東京に観に行くつもりです。

MOGGIE CO-OPは初めて行ったのですが
民家を改装した感じとか、店内のポスターやオブジェが素敵でした。
レディスのお店なのに男性のスタッフばかりなのも良い感じです。

何でも歌えるヴォーカロイド「初音ミク」

初音ミク HATSUNE  MIKU

ITmedia News
異例の売れ行き「初音ミク」「ニコ動」で広がる音楽作りのすそ野

声優さんの声をサンプリングしたデータを基に、
作曲したデータに合わせて歌わせることのできるソフト「初音ミク」が
開発者の予想を超えてAmazonのソフト部門で1位になるほどの
人気だそうで。開発にはヤマハが開発した「VOCALOID2」というシステムを
使っているそうなんですが、このシステムに萌えキャラを組み合わせようと
考えた人たちに拍手です。


聴いてみると、かなり自然です。多少違和感があっても萌えキャラだから
何となく舌っ足らずな感じで、これはこれでオッケェェェ〜!
という完璧な組み合わせ。↑は宇多田の「Beautiful World」。


「六甲おろし」だとこんな感じ。
これ、やってる人たちは相当面白いんだろうな〜。
もっと濃い動画が沢山あったのですが、
ここを見に来る人のことを考えてマイルドな選曲にしてみました

やっぱりソフトは使ってもらってなんぼだと思うので、
まずはニコニコ動画の職人さん達に使ってもらって
フィードバックを受けて改善を続けて行けば
もっと本格的なデジタル歌手が作れそうな気がします。

散歩中に見つけた、東欧雑貨の「Picnika」


夜の今泉を歩いていたら、
マンションの一室が光っているのを見つけました。
なんだか面白そうな気配が!と入って行くと、
先月に出来たばかりの東欧雑貨のお店「Picnika」でした。

お店の中は、他のお店にあるような食器や布などの他に
くまのぬいぐるみやハンドパペット(ちょっと怖い顔)が並んでいるのと
向こうの国の絵本がたくさん置かれているのが特徴的。

可愛いはずのモチーフが全然可愛くなかったり(という可愛さ)
普通には思いつかなさそうな造形のキャラクターに
いちいち「おおお」「へぇぇ」「うほっ」と
変なリアクションを取ってしまいました。


手前の上履きみたいなの、色の種類が沢山あって可愛かった〜。
お店の方は男性なんですけど、こういうセレクトが出来る人って
つい保護したくなります。靴、小さく生まれ変わったら履きます。


この名刺のセンスも取り入れたいところ。
うっかり楽しいお店を見つけてしまいました。
ちょこちょこ覗きに行こう〜っと。

Picnika(地図
http://www.geocities.jp/boku_picnika/
↑アドレスが「ぼくピクニカ」。完敗です。

<おまけ>

近くのお寺?の明かりがとても綺麗でした。
この辺りは神社やお寺と好きなお店が集まっていて、
散歩するのが楽しいです。

シアタープロダクツの現場・真夜中のセール


夜の22時から天神IMSで行われた「シアタープロダクツ・真夜中のセール」。
洋服好きの人の底知れぬパワーは知っているつもりなので
少し早めの30分前に会場に行くと、すでに行列が出来ていました。

肝心の洋服は、メンズは殆どがSサイズだったので着ることができず。
う〜んと唸っていると、プレスの金森さんが長袖のカットソーを
持って来て下さったので、一着だけ買うことにしました。
以前にもイベントでお会いしたことがあったのですが、
シアタープロダクツの3人はとても素敵な仕事をされているのに
自然なたたずまいで、憧れます。

会場に知り合いのディレクターさんがいらっしゃたので
中西さんに紹介して頂きました(武内さんは不在でした)。
こういうときに話のタネになるようなものを作って
持っておけばいいんだろうなあ。
(初対面でもらって嬉しいもの…なんだろう?雑貨?作るの?)


そのまま「シアタープロダクツの現場」展にも
入ることが出来ました。天井からぶら下がっている「スカートの森」を
くぐって(ちゃんと順路があるので気をつけて!)部屋の奥へ。
これまでの作品の一部や印刷物、記事のサンプル、
コレクションなどの映像を観ることが出来ます。

こちらの展示は思っていたよりもあっさりしていたので
むしろグッズ売り場の充実ぶりに注目。
Tシャツ、バッグやアクセサリーが並んでいるのですが
注目すべきはTシャツでしょうか。5,000円前後で素敵なデザインが
手に入るということで、こちらの方が人が集まっていたような気がします。

5周年のときに作られたシングルCD-Rを買ってみました。
ふつうのCD-Rもトレペの封筒に入れてハンコを押すだけで
こんなにいい感じ。見習わなければ!

洋服、グラフィックはもちろん自分たちのプレゼンテーションの仕方を
本当によく考えている人たちだなあと思いました。

連休中のみ薬院の「MOGGIE CO-OP」で期間限定のショップが
オープンしているということなので、そちらにも行ってきま〜す。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52