Sigur Ros「Hvarf/Heim」「HEIMA」

Hvarf/Heim

今まで1曲ずつしか試聴出来なかったMySpace Music、ある日を境に
リストに並んだ曲を順番に再生してくれるようになりました。

これによって、気になったアーティストを「radiohead myspace」とかで
Google検索して一番上のリンクをクリック
→3〜5曲を連続で全曲フル試聴可能という素敵コンビネーションが完成。
最近、いろいろ聴いてみているところです。

で、最近ずっと聞いていたのはアイスランドの「Sigur Ros」。
好きなんですけどあまりに神々しくて距離を取っていたんです。が、
今月発売された2枚組アルバム「Hvarf/Heim」の「Hvarf」の方を
MySpaceでフル試聴できるのを聴いて、一気に陥落。

MySpace.com - Sigur Ros
http://www.myspace.com/sigurros


す、素晴らしい!!!!と思ってさっそくiTunesで購入したら
(だって店頭より安いんですもの)オマケで付いて来た、
同時発売のドキュメント映画/ライブDVDの予告編がこれまた



「リロ&スティッチ」の監督による、美しすぎるアイスランドの映像と
暖かい音楽に27歳、涙目。「もうどうにでもして」っていうぐらい良かったので、
さっそくAmazonで注文しました。

HEIMA~故郷
早く届かないかなあ。

Sigur Ros Photoblog
http://emi.iloveonyro.com/sigurros/


公式フォトブログ、高解像度の写真と音楽が流れるのですが
これも1つのアプリケーションなんじゃ?と思うぐらい良く出来ているので
北欧が好きな女子の皆様にもおすすめです。

↑で流れている「Hoppipolla」という曲は「Takk」というアルバムに
入っているのですが、PVがまた良い感じなので貼り付けておきます。
海の向こうのEMIは公式にPVをYouTubeに上げてくれるのが素敵ですね。

お爺ちゃん達が泥水に飛び込んだり、ピンポンダッシュしたり。
アイスランドらしく、子供のチャンバラも
バイキングごっこなのだなあと気付いて、ほっこりしました。

「すぱいす こ熊や」のカレーランチ


職場にまだ席がなく、しばらく在宅勤務なタロウです。
ずっと自宅だから、たまには外食を…と、仕事の合間を見つけて
近所のカレー屋さん「すぱいす こ熊や」に行ってきました。

モダンなうどん屋さん風の内装。
「モダンなうどん屋」を見たことはありませんけれど、そんな感じです。
初めてのお店だけど、躊躇無く「めし大盛りにしとって!


はい来ましたランチカレー大盛り。コロッケが上に載ってます。
見るからに変わった感じのカレーです。
食べてみるとココナッツミルクの香りが。ん、お出汁の味も!?

メニューに書かれていた説明によると、和風だしと洋風スープを組み合わせて
この独特な味を出しているみたいです。
「カ、カ、カレー!!」という勢いでがっついたので、最初は「あれ?」と
思ったんですけど、これはこれで別の料理だと考えると全然オッケー。

「替え玉」ならぬ「替え飯」があったり、お漬け物が辛子高菜だったりと
どうも博多ラーメンを意識しているみたいでした。
粉チーズが置かれているのも面白かったな。

チーズを載せて焼いたりしたら美味しいかもしれない…と思ったので
アンケートに「焼きこぐま希望」を書いてお店を出ました。
焼きこぐま、食べたいな〜。

福岡ランチ部日誌
薬院六つ角そばの「すぱいす こ熊や」でカレーランチ


ソニアのショッピングマニュアル


資料を買いに丸善に行ったら、以前から欲しくて欲しくてたまらなかった
スタイリストのソニア・パークさんの著書
ソニアのショッピングマニュアル」の2冊目の発行に併せて
1冊目も新装版で再刷されていたので速攻で保護。

Amazonでプレミア価格が付いていて手が出なかったんですよね。
装丁は心の師匠、平林奈緒美さん。同じく平林装丁の林央子さんの著書
パリ・コレクション・インディビジュアルズ2」と記念写真を撮ってみました。
う、うちの和室がここだけハイソサエティな感じです…
スマイソンの手帳・ブレスのショーツ・沈菜館のキムチ…
全然知らなかった知識が流れ込んで来る幸せ。

ソニアさんおすすめのお洋服「アダム・ジョーンズ」と「ルッツ&パトモス」、
現在は両者ともユニクロにデザインを提供してます
そんなこと書かれたら、うっかり欲しくなるじゃないか。
でもルッツさんのカシミアの値段でwiiのソフトが2本は買えるからなあ…。


そういえばソニアさんのお店「ARTS&SCIENCE」の洋服、
福岡ではうちの近所の家具屋さん「KRANK」で購入出来ます。
基本的にレディスのみの展開なのですが、ここのオーナーが男性ということで
男子でも着られるサイズも取り扱っています。
マニアな方のために、一応書いておきますね。

ソニアのショッピングマニュアル 2 (2)
マニュアル、Amazonでは1冊目がさっそく品切れ中です。
2冊目もじきに無くなると思うので、早めに保護しなきゃ!

雲のうえ めし大盛りにしとって!


11月に発行された北九州市の「雲のうえ」5号。
これを機内誌にするスターフライヤーに乾杯です。
忙しくてなかなか取りに行けなくて、ようやく無料配布場所の
丸善に行ったらすでにフリーペーパーラックの奥、ニッセンのカタログの裏に
並んでいました。この扱いはちょっとどうかと…。

今回の特集は「はたらく食堂」。
いわゆる情報誌のように「お店はここ、メニューはこれ、こだわりは…」
という情報が載っているわけではなくて、食堂と生活者の関係みたいなものが
大衆食ライターのエンテツさんによるぶっきらぼうで軽快な語り口で
語られる紀行文みたいな形式になっています。

自分が20年も住んでいた場所の話なので
呼んでいて、うっかり本が湿ってしまいそうな程感激してしまいました。
この本の素晴らしさを言葉で説明できるようになりたいです。


箸休め的なページとしておやつの紹介コーナーも。
ここのあんドーナツ、小さい頃に母がよく買って来てくれたんですよね。
揚げ油で湿ったビニール袋に、湿気でへにょへにょになったドーナツが
ぎっしり詰まっていた光景を思い出しました。

最近帰省したときに良く行く「丸和前ラーメン」も取り上げられていました。
ADの有山さんもお気に入りらしい、というのを読んでニヤニヤ。
年末年始は空いてるかなあ。
小倉の屋台はお酒が無い代わりに「おはぎ」を売っているのです。

北九州市『雲のうえ』5号
特集「はたらく食堂」のすべて

こちらのページで今回の号の制作日記のようなものが読めます。
編集など、本のお仕事に携わっている方は必見かと。
こんな素敵なもの作り、出来たらいいなあ。


お暇があればこちらもどうぞ
tarolog | 有山達也 装幀、雑誌のしごと展〜体育座りで、ほろ酔いトーク

さんぽ舎さんの矢印ブローチ

佐世保のこま2さんが遊びに来たので、どこかにお食事でも…と
あちこち歩き回って「cafe azur」へ。
なぜか吸い込まれてしまう、不思議な立地のお店です。
何となくお店の方と顔見知りになっている気が…。


食事をしながら後ろを見ると、こんな人たちがずら〜っと並んでいたので
ブローチコレクターとしてバッチリ保護しました。
これって矢印?キノコ?乙女な表情に首ったけ。か〜わ〜い〜い〜

大野城の「木と星」などに作品を置かれている作家の
さんぽ舎」という方が手作りしているみたいです。
ご本人、去年一度大名でお会いしたことがある気がするなあ。
azulでの展示は12月26日までです。気になった方はお茶がてらにどうぞ。

こんなのが森の中でフワフワ浮いて
「そっちじゃないよ」「こっちだよ」
ウフフアハハとかごバッグでも持って散歩したい気もしますが

フランシス・ザ・ミュート~スペシャル・エディション(初回限定生産盤)(DVD付)
今はTSUTAYAで何となく借りて来たマーズ・ヴォルタにメロメロです。
オルタナティブをベースにラテン系のメロディや
激情のサックスが炸裂する素敵音楽です。これは凄い。かっこいい!

よ〜し男気120%でバリバリ仕事するぜ!

もうすぐクリスマス


毎年こっそり楽しみにしている、商業施設のクリスマスツリー。
ここのところ仕事が忙しくてツリーを見て回る時間がないのですが
天神を通りがかったときにこんなもの見つけました。

スペースが狭くツリーを飾れないVIORO、柱を使って
上手にクリスマス気分を演出しています。
これ、よく見るとハウステンボスの広告なんですね。
上手いことやってるな〜と思いました(何様!?)。

商店街に入ると、どこからかゴスペルなんかのクリスマスっぽい音楽が
聴こえて来たりして、少しだけ幸せな気分になります。
ミスマッチなのがいいのかしら。


個人のお仕事で商業施設のクリスマスカタログを作らせて頂きました。
通りがかったらパラパラっとめくって頂いたり厳重に保護などして頂けると
とても嬉しいです。

Flash Player 9、H.264ビデオに対応



アドビ システムズ社、
H.264ビデオに対応したFlash Player 9の提供を開始


です。
僕はあんまり映像に詳しくは無いのですが、
「H.264」という動画圧縮フォーマットをFlashで扱えるように
なったことで、HD(High Definition=高解像度)の映像を
ストリーミングで再生したり出来るようになります。

百聞は一見にしかずということで、Adobeの「Flash on」というサイトを
見てみて下さい。Flash Player9へのバージョンアップも同時に出来ます。
で、ジャンルから「HD」を選択して適当な動画を選び
再生画面で「HD OFF」のアイコンをクリックすると


ウホッ!
少しブロック状のノイズは出るものの、この解像度の動画が
普通にストリーミングされていることに感激です。
YouTubeもこれから順次H.264に切り替えて行くそうで
(これまでの動画、全部オリジナルデータを保管しているらしい。恐るべし…)
どんどんWEB上の動画環境が良くなって行きますね。

普通にDVD買ってくるより画質が良くなって来ると
これからどんどん色んな変化が起こりそうで、
端から見物するだけ・消費するだけの身分としては
今後がすっごく楽しみです。

魂斗羅4、来日(俺の部屋に)!


散歩に出掛けた帰り、郵便受けをチェックすると
待ちに待ったエアメールが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
なんか姓名が逆になっていますがそんなことはどうでもいいッ!!!!!
俺はこの箱を開けるぞッ!!!!!!!


ズギャァァァァァァァン!!!!!!!!!!!!!
以前お知らせした、コナミの伝説的アクションゲーム「魂斗羅(コントラ)」。
その4作目となる「魂斗羅4」が海外で発売され、
さっそく入手したGAME KOMMANDERさんなどが大プッシュ、
日本のごく一部で神ゲー祭りになっていたので
魂斗羅ファンとしては「もう我慢出来ない(←ケロッグの声で)!」と
PLAY-ASIA.COMという代理店を通して購入したのでした。

US$ 34.90 (~3,880円)で送料無料と、なかなか良心的。
ファミコン版の1作目と2作目と資料集・デジタルコミックも収録されているので
これはいいお買い物なのでは!?


さっそく遊んでみました。タイトル曲が1作目と同じメロディで感動。
そして1面であえなくゲームオーバーに。
ライフ制ゲームばっかりやっていたので、この即死感覚に
頭を切り替えるところから始めなければ…。

画面はネオジオ(懐かしい!)ぐらいのグラフィックですかねえ。
キャラが滑らかに動いていて、うっとり幸せな気分に。
マリオギャラクシーが落ち着いたらゆっくり攻略しよっと。
ワイヤレス2人プレイも出来るので、誰か本体持ってる人、遊びましょ〜。

来週はWiiのNiGHTSも出るし、年末は忙しいな〜(笑顔)。


PLAY-ASIA購入のおまけに、ダサダサのシールが2枚と
5ドル分のクーポン券が入っていました。
クーポンの価格設定…ついついまた買いたくなる、憎いおまけだ…。
海外には他にも遊びたいゲームが一杯あるので(まずはWORMSかな)
また購入したら、勝手に報告します!

Radiohead Thumbs Down Webcast


11月9日にWeb上で公開された、Radioheadの2時間に渡る
DJ・ライブ・ペインティング・映像などのイベント「Thumbs Down」。

放送後、いろんなところにアップされた映像を
暇なときにちょこちょこ眺めてるんですが
素晴らしいです。お腹いっぱいファン大満足。
部屋でBGM代わりに流したりしています。

これは映画「セブン」を勝手に編集した「15 Step」の映像。
映画を観たことがある人は分かると思いますけど
これはひどい(良い意味で)。


ビジュアルを手がけるスタンリー・ドンウッドによる黒板ドローイングや
高速道路の映像を使った意味深な演出。こういうのはDVD
Meeting People Is Easy」でも多用されてました。


ライブのセットリストはこんな感じ。
草原に出て行って弾き語りをするシーン、かっこいいなぁ。
New Order「Ceremony」も大好きな曲なので、見ながらビリビリします。
まだ一度もライブを観たことが無いので、
今回のツアーで来日するように祈ってます。

Bodysnatchers
Faust Arp (Thom and Jonny on a hill in the countryside)
The Headmaster Ritual (Smith's cover)
Jigsaw Falling Into Place (Recorded in the studio with the band all wearing helmets with cameras attached to them)
Reckoner
Ceremony (Joy Division / New Order cover)
Unravel (Bjork cover, recorded earlier)

Pitchfork: Forkcast
こちらで一部楽曲のmp3がダウンロードできます。
Bjorkのカバーが美しいですよ〜。


この写真ではさっぱりわからないんですが
やっぱり早送りは多様されています。


メンバーそれぞれのDJによる選曲も、
自分が普段聴かないような系統のものが多く参考になります。
特に後半のフィルさん(ドラム)のが好きでした。
クラブイベントみたいなのが苦手なのですが、
こういう選曲だったら行ってみたいなあ…。

Burial - Near Dark
MIA - Pull Up the People
Tomas Anderson - Happy Happy
!!! - Heart of Hearts
Kings of Leon - My Party
AFD- Model Apprentice
Jorge Ben - Take It Easy My Brother Charlie
Les Baxter - The Ancient Galleon
Kenny Rogers - Just Dropped In
Iggy Pop - Nightclubbin'
Squarepusher - My Red Hot Car
Bauhaus - Bella Lugosi's Dead
Iron and Wine - Pagan Angel and a Borrowed Car
Bonnie Prince Billy - Lessons from What's Poor
Asian Dub Foundation - Naxalite
Ray Charles - It should've Been Me
Juana Molina - Micael
Fela Kuti & the Africa 70 - Alu Jon Jonki Jon

好きなJuana Molinaの曲がかかって、「うわぁ」と体温が上がりました。
ファナさんの曲は公式サイトで無料DLできるので
アルゼンチン音響派と聴いて胸がときめくFUDGE読者の方などは
速攻で入手することをおすすめします。

この「Thumbs Down」、YouTubeで「radiohead webcast」で検索すれば
曲単位でいっぱい映像が出てきますので、気になる方は観てみて下さい。
ファンの方は必見だと思います。

Mac用ランチャーのおすすめ「Google デスクトップ」



Mac OS9で仕事をしていたときは
ウィンドウを「ポップアップウィンドウ」という設定にしておいて
そこにアイコンをずら〜っと並べてランチャー代わりにしていたんですが
OSXにはそういったものが機能が無く(Dockがあるしね)
無料のものを色々試して来た僕ですが
ようやく「これ!」というものに出会いましたのでご紹介。

Windowsの方にはおなじみの「Google デスクトップ」です。
設定しておいたショートカットキーを押すと、こんな感じで
検索窓が出て来て、先頭の数文字を入力すると最近使った書類や
アプリケーションを探して来てくれます。
(あ、写真では全部入力しちゃってますね)

僕は「Control+スペース」をショートカットに当ててますけど
Dockがスッキリして、気持ちいいですよ〜。
検索窓のデザインがシンプルなのも、
あんまりメモリを食ったりしない気がしてよろしいです。

OSX LeopardにすればDockが使いやすそうなので
無くてもいいのかもしれないんですけど、
今使っているのが仕事用のMacなので
怖くてまだインストールしてないんですよね…。

Google デスクトップ
http://desktop.google.com/ja/mac/

search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52