フランスの人に会った

土曜日の横山大観展に行って、そのまま『望雲』で開催されていた
『ロール・デュ・ファイイ デッサンと水彩画展』に行ってきました。

閉店間際の望雲に入ると、
なぜかスタッフの方3人ともメガネでお出迎え。
なんだ今日はメガネ祭りですか?と思っていたら
奥にメガネの背の高い方がもう一人。
画家のロール・デュ・ファイイさん本人でした。
フランスの人に、初めてお会いしてしまった。
招待状の絵柄で何となく男性かと思っていたら、女性の方でした。

ただでさえ初対面の方は苦手なので
とりあえず愛想笑いをして展示物を見る。

大濠公園や志賀島を題材にした水彩画も
外国の方が見るとこんなふうに見えるんだろうか?
と感じられて面白かったのですが、
奥の方に置いてあった手作りで製本された絵本の数々には
さらに強く引き込まれてしまいました。
かわいいけど少しおかしな絵の感じと、不思議なお話。
製本にも色んな種類があって、大きさもさまざま。
ハードカバーって、自分で作れるんですねえ。

感激したのでロールさんにこの気持ちを伝えたいと思い、
特に気に入った絵本を手に「コレ、スキー」「コレガ、スキー」と
なぜか片言の日本語で話していると
こいつはフランス語じゃ駄目だと思ったのか
英語で話してくれたので、なんとなく話してることは
伝わってきました。

途中で望雲の方が彼は(一応)デザイナーですよと
僕のことをロールさんに伝えると、
「photoshopは使ってます?」と訊かれたので、
「illustratorも使ってます」と答えると、
「この絵本は、鉛筆で描いたものをスキャニングして、
photoshopで色を調整して作ってます。
私はほとんどphotoshopしか使ってませんよ」と
教えてくれました(たぶん)。
ものすごくアナログな手仕事だと思っていたので、
ちょっと驚いたけど、よく考えたらイラストレーターさんも
みんなPhotoshopぐらい使ってますよね。。

Webサイトで作品の一部が見られます。
Le site de Laure :: Sommaire
http://lauredufay.com/

◯水彩画はこんな感じでした。
◯意味はわからないけどものすごく引きつけられます。

僕と1歳しか違わないのに、すごいなあ。
普段こういう展覧会で作者の方に会える機会がなかなか
無かったので、とても有意義な時間でした。

関係ないけどこの日のお昼に初めてキハチカフェで
昼ごはんを食べたんですけど美味しかったっす。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin