BRUTUS 11/1号で(たぶん)使われているフリーフォント



去年からちょこちょこ使わせて頂いている
フリーフォント「Learning Curve BV」。

筆記体系のフォントってだいたいクラシカルなものとか
いかにも手書きをスキャンしました!みたいなものが多いんですけど、
これはちゃんと設計されている感じがします。
頭でっかちで少しゆるいバランスも、使ってみると
なんだかバランス良く見えてきたり
なんてかわいい奴!!(←テンション上がってきた)と、
いろんな所で使わせて頂いています。

BRUTUS (ブルータス) 2008年 11/1号 [雑誌]
そんなお気に入りフォントなので、見れば一瞬で分かるんですけど
今日、発見しました(間違ってたら誰か教えて下さい)!

コンビニで立ち読みしたBRUTUS「山特集」の号
ポールスミスコレクションのページで
見出しにバシッと使われています。

世の中ではあまり使われてないけど自分が「好きだ」と
思っていたものを、他にも好きな人がいるんだ!
というときの嬉しさったらないですね。
この間もアメリカの「the submarines」っていう
アコースティックデュオの曲がiPhoneのCMに使われたのも
嬉しかったなー。

まあそんな感じで、「Learning Curve BV」おすすめです。
せっかくなのでタイトルにも使ってみました。
来月からの仕事に合わせて、ブログも新調します!
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin