さよなら、さよならリグレット

週末は京都で「京都音楽博覧会 2008 IN 梅小路公園」が行われますね。
僕は留守番ですが、2年連続参加のeさんのために
iTMSで「京都音博コンピレーション」を購入しました。


1.ハンバートハンバート/罪の味
2.アシャ/Fire on the Mountain
3.Lana & Flip/Gazing out the Window
4.HARRY HOSONO&THE WORLD SHYNESS/POM POM JOKI
5.大工哲弘/生活の柄
6.rei harakami/river
7.The Real Group/夏の賛美歌
8.くるり/さよならリグレット

と、900円で充実ラインナップ。
全体的にさら〜っとしていて、聴きやすいです。
あ、「さよならリグレット」のインタビューはこちら↓

クローズアップ『くるり(クルリ)』|エキサイトミュージック(音楽)


さよならリグレット
さよならリグレット
posted with amazlet at 08.09.03
くるり 小田和正 ビクターエンタテインメント (2008-09-03)売り上げランキング: 59


で、交換に今日発売のシングル版「さよならリグレット」を
eさんにプレゼントしてもらいました。わ〜い。

相変わらず謎な服部一成ADのジャケット。
どこかの雑誌でこのシリーズについてのインタビューとか、
取ってくれないかしら。
くるりのAD、古賀鈴鳴さんの時代のが一番好きです。

昨年の音博で、小田和正が歌う「ばらの花」が収録されているのですが
こちらで映像が観られます)、小田和正すげー!
ちょっと聞いただけで「生きて来た時代が違う!」と分かる声。

「京都の大学生」「pray」も凄いなあ。つい2日前に
スーパーファーリーアニマルズとかアーケードファイアのアルバムを借りて来て、
「最近は日本語を聴く気がしなくてねえ…」なんて漏らしていた
私が間違っていました。ごめんなさい。

拾いものに飽きたから このまま育てていこうぜ
そんな退屈太々しいまま 僕の吐息真っ青に染めてく
いつか 闇の中でいつか 歌を 歌をうたえば
部屋中の鏡が割れて 君ら映して僕は喜んで

祈ろう 全部捨てちまいな 金も靴もピカピカのギターも
祈ろう 夢みたいに全部 形あるもの全て全部
pray/くるり

明日から、自転車に乗って歌ったりします。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin