崖の上のオフィーリア(ネタバレ無し)

崖の上のポニョ サウンドトラック
1週間前の話ですが、「崖の上のポニョ」観てきました。レイトショーで。
巡回しているいくつかのサイトでちらほらと感想が上がって来たので
「こ、これは観る前に余計な知識が入ってしまう!」と
心配になって来たので。
観終わったあと、この選択は正しかったと思いました。
みんな、早く行った方がいいですよ!

久石譲(クインシー・ジョーンズから命名したんですって)
の音楽に合わせて絵がうねうね動いているだけで
もう涙が出そうでした。やばかった。
「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」と最近の宮崎駿の作品は
今ひとつピンと来ない方向性だなあと思っていましたが、
今回のポニョはその方向性で一気に突き抜けた感があります。

あの歌は反則だわ〜。


で、感激してニコニコ動画で「プロフェッショナル(以下略)」の
宮崎駿特集を観たんですが、その中で流れたのが
ジョン・エヴァレット・ミレイの作品「オフィーリア」のお話。

監督、この作品をロンドンで見て
「昔の人がやっていた事を自分たちはヘタクソにやっていただけだった」
と考え、今回のシンプルな線が生まれたそうです。
70歳過ぎてこういう考え方ができるって、凄いと思います。


そんな「オフィーリア」は8/17[日]まで北九州美術館で行われている
ジョン・エヴァレット・ミレイ展」で観る事ができます。
先日行ってきましたけど、実物の描写の細かさ、存在感はすごいですよ〜。
年を取るに従って、セレブの肖像画ばっかりになって行くのも
人間らしくて面白かったです(儲かってたんだろうな〜、みたいな?←不謹慎)。

「ポニョ」、残念ながら僕が行った天神東宝はスクリーンが小さかったので、
どこかシネコンで観ることをおすすめしますよ!
大画面と大音響で観たい映画です。

崖の上のポニョ(公式サイトでネタバレしています)
http://www.ghibli.jp/ponyo/
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin