猫キヲスク ゲゼルシャフトカレンダー


椎名林檎の物販サイト「猫キヲスク」。
この時期に毎年発売されているカレンダーを買った人に
実物を見せて頂いたのですが、これがすっごい好みの品だったので
撮影許可を頂いて載せてみました。


封筒を開けると中には小学校でもらっていたプリントと同じわら半紙が12枚。
毎月で異なったデザインが印刷されています。めら可愛い!!


「あ〜これは1色で刷った後にエンボス加工してるんだよ〜」と
得意気に言いながらサイトを見てビックリ。活版印刷でした。
金属の版を直接紙に押し付けるから、こんな凸凹が出来るんですね。
繊細に波打つワラ半紙に、ときめきが隠せません。

で、気になるのがこれを考えたデザイナーさん。
いつもならSUPERCAR、FISHMANS、スピッツや椎名林檎のデザインを手がける
central67の木村さんが作ってるはずなんですけど、
雰囲気が若干違うんですよね。

水野学さんが先日の講義のときに椎名林檎の仕事をしてるって言ってたなあ…。
あとは活版印刷で話題のPAPIER LABO.さんとか
サブレタープレスさんだったりするかもしれませんけど
ちょっとわかりません。ご存知の方がいらしたら教えてくださ〜い!

どっちにしろ、D-BROS以外でこういうのが出てくるのは
消費者としては嬉しい限り。

これが1,200円っていうのはかなり素敵な商品だと思うので
近所で売ってくれないかな〜。


2008年 ゲゼルシャフトカレンダー
http://www.kronekodow.com/html/04kiosk/jun_2008/calender.html

search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin