リボルテック・ディスヌフ/EVA F型

昨日に引き続き、ロボです。
「セクシーボイス&タロウ」と呼んで頂いても結構。
アニメとかが苦手な人は逃げた方が身のためですよ!

今回のロボは海洋堂の「リボルテック」シリーズ。
原型のヤマグチさんの造形デザインの良さと可動部分の多さ、
価格の安さという3点が揃った、個人的には理想の模型なのです。
もう(時間が無いので)プラモは作らなくてもいいや。

というわけでキングゲイナーに続いて2体目、3体目を購入しました。


まずは「トップをねらえ2!」のバスターマシン・ディスヌフ
デザインのテーマは「番カラ」です。
金属トゲバット、学ラン、鉄ゲタなどの武装が魅力。
模型化にあたって腕をデフォルメさせたのが勝因か。かなりの重量感。
原作、賛否両論ですが僕は大好きです。
「1」とのギャップを埋めるための、宇宙怪獣の新設定が効果的なんですよね。


お約束の腕組み、ちょっと腕が短いのか
綺麗に組むことはできませんが、まあいいや。
学ランを羽織ったような形にできるのはいいなあ。
顔の作りはもうちょっと丁寧だったら良かったかな。

部屋が散らかっていて全身を撮影するのが難しかったので、
遊んでいる雰囲気などは↓の方のブログでお楽しみ下さい。
仏の顔も3℃まで - リボルテックヤマグチ No.30 ディスヌフ
http://d.hatena.ne.jp/nagiichi/20070718/p1



さらに3体目のエヴァンゲリオン初号機 F型装備です。
これはゲーム用の設定で、S2機関を取り込んじゃったあとに追加された
装甲なんですよね。F型って。
Amazonで1380円と投げ売りだったので、ディスヌフとセットで購入。


赤紫色の新しい装甲の部分が、モロに塩ビ!って感じの
質感なのが残念です。全体的なプロポーションとかは
とても気に入ってるんですけどね〜。
全体的に褒めてない気がしますが、リボルテックは良くて当たり前!
ぐらいに気に入っているので、気になる点をちょこちょこ書いている
だけですので〜。


さらにデザイナー山下いくとさんの画集「それをなすもの」まで
Amazonの中古で買っちゃったりして。
絶版でも買えるからすごいな…。
量産機が今のウナギ型デザインになる前の、元になったデザインが
載っているということでどうしても欲しかったんですが。
結論:あれはウナギ型で正解です!申し訳ないけど!

知らなかったんですけど、山下さんってアニメーターとか
キャラクターデザイナー専門の方ではなくて漫画家さんなんですね。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin