ジェネレーションギャップってなんだっけ!?


土曜日の天神・NTT前。
林檎さんもspringが似合わない年齢になってきたのかなあとか
思いながら、JTのフリーマガジン「FILT」を拾ってきました。


本能の赴くままに生きる峯田君と
全てを受け入れたみうらじゅんの対談。読んでいて清々しい。

ひっかかったのは山田五郎といとうせいこうの
「バブル経済からミクシィまで。雑学界ツートップの“ジェネレーション放談”。」
で、現代のいわゆるネット世代を批判しているんだけど
結論が「自ら情報を遮断するしかないよ。」という所に落ち着いていて、
最近どうもこの手の話を聞く機会が多かったのも手伝って、
ちょっとムカっと来た。

ニュースなどで「最近の若者はすぐキレる、何を考えているかわからない」
という話をよく聞きますが、当事者の僕としてはこれを聞いて
「あ、すぐキレたり何を考えているかわからなくても
みんなそんな感じなら、僕もキレちゃおっかな〜」と
考えが動かされてしまったりすることもあるわけで、
みんながあんまり物事のネガティブな面について語りすぎるのは
良くないな〜と思ったりします。
心配しすぎるとホントにその通りになっちゃいますよ〜って。

もっと世の中が良くなったり、便利になったことについて
しっかり喜んだりすることも大事な筈です。
情報がこんなに簡単に手に入るようになったんだから、
これをベースにもみんながそれぞれ一歩ずつ先に
行けるといいなあと思います。

二人とも尊敬している人たちだからこそ
情報量が増えた現在の世の中との新しい付き合い方を
提案して欲しいとか、勝手に期待しすぎてたのかもしれません。

なんか偉そうな割にしどろもどろな話になってしまったのですが、
とりあえずこの違和感をどこかに出しておきたかったので
メモ代わりに載せちゃいます。
「情報と俺」については今後も考え続けたい次第です。おわり。

あ、9月にスライダーズが福岡に来ますね。
チケットが割とお高いのですが、死ぬまでに一度は観てみたいです。

みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショー10
JAPAN TOUR 2007 ロックンロール・スライダーズ
「みうらさん、やりすぎだよ!」
http://www.r-sliders.com/ss10.html
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin