OK FRED vol.9と家族のこと

OK FRED vol.9

気が付いたらOK FREDの9号が出ていたので
天神の青山ブックセンターに買いに行きました。

いつも「そうそうそう、そこが気になってたの、僕は!」と
脊髄反射で膝を叩かせてくれるこの雑誌、今回の特集は
「The Mamas and The Papas 親孝行、今がチャンス!」
なんで親孝行?と思っていたら
Corneliusこと小山田圭吾のお父さんが亡くなったことが
きっかけだったそう。

Sensuous
インタビューによると、このアルバム「Sensuous」を制作した
3年間は、脳梗塞で倒れたお父さんのお見舞いに寄ってから
スタジオに行く、という毎日だったとか。
CDの最後に入っているシナトラの曲も
お父さんの荷物の中にあったレコードが使われているそうで、
そういう話を聞くと、とてもポップな音楽だなあと思って聴いていた
このアルバムも、今までとは少し違って聞こえるものですね。



先日、50代の父と、90代の祖母と3人で北九州にある
10数年前に建てられた父の建築を観に行く機会がありました。
3つの学校が統合される際に建てられた建物で、
「現在・過去・未来」、すなわち「時」をテーマにした
時計塔を中心にした小学校。

祖母はこれまでずっと広島で暮らしていたのですが、
小倉の実家に引っ越してくることになったんです。

父は、自分の母親といっしょに居られる時間を考えて
祖母と一緒に暮らすことを考えたんだろうな。
「わしらは勝手に楽しく暮らすから、勝手にしたらいい」って
言っていたくせにな〜。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin