N75 works


古着屋さんのビンゴボンゴの姉妹店、「cafe dining bar 7(なな)」に
行ってきました。ここのお店に来るのは初めて。

今月の27日まで、「N75 works」というイベントが行われています。
ハナレグミなどのお仕事でおなじみの北村範史さんの
Small Circle of Friendsのお二人を題材にした絵と写真、
そのお二人が手がける『 STUDIO75 original Clothes』の
布と洋服(ボーダーのバスクTシャツ!)がお店中に展示されていて
お客さんはそれらを眺めながらご飯やお酒を楽しめる、というもの。
僕の場合、普通のギャラリーだと一通り鑑賞して「はい、おしまい」って
感じで割とあっさり観てしまうことが多いので、
こういう展示方法はとても有り難いです。

期間中はお店のランチョンマットも今回の布を使って作られていて、
白地に青い鳥がいっぱい飛んでて素敵です。

上の写真の鳥モビールも久しぶりに見られました。
今は無くなってしまった大名のオレンジスパイスにぶら下がっていて
とても好きだったんですよね。

お店の方に「もともと(北村さんの絵を)お好きなんですか?」と聞かれて
語りスイッチが入ってしまい、そうなんですよ〜携帯の待ち受けから
部屋にはポスターフライヤー写真、トイレの壁にももう1枚、
展示はだいたい観に行ってます…と、お店の人に謎のアピールをしていると、

「今、そこにいらっしゃいますよ」
「!?」

というわけで、ご本人にも「携帯の待ち受けから部屋にはポスター…」と
まったく同じ説明をして、ポートフォリオを見せて頂きました。
北村さんは、自分が気になった雑誌などを切り抜いて
「どこに興味を持ったのか」ということを考えながらイラストを描く
「SCRAP」という独自の手法で作品を作られているそうです。
ファイルされていた、これまでのお仕事もみんな素敵だったな〜。
以前一度だけお会いしたことを覚えていて下さって光栄でした。

お店を出るときには、北村さん、窓にステンシルで鳥を描いてました。
今度行くときには鳥でいっぱいになってるんだろうな。
楽しみ楽しみ。

<参考リンク>
北村範史プロフィール&最新の活動情報etc
http://www.fsept-tokyo.com/catalog/art/

あ、こっそりスパイダーマンとか描いてる

筑摩書房の『屋上がえり』特設サイト
http://www.chikumashobo.co.jp/special/roof/

石田千さんのエッセイ『屋上がえり』に使われた写真が
写真集になったそうです。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin