「NiGHTS」がWiiに帰ってくる!!!!!

デザイン系ブログのはずなのですが、さっそくゲームの話題に戻ったりします。
最近、自分が「ゲーマー」ではなく「ゲームウォッチャー」であることに
気が付いてしまいました。今では昔ほど遊ばなくなってしまったんですが、
ゲームの世界って、どうしても気になっちゃうんです。

1. 「NiGHTS」がWiiに帰ってくる!!!!!

<動画はセガサターン版ですけど>

あの名作『NiGHTS』が帰ってきた!
Wii『NiGHTS:JOURNEY OF DREAMS(邦題未定)』発売決定!
http://eg.nttpub.co.jp/news/20070402_09.html


[Wii] 『NiGHTS Wii』 遂に登場。スクリーンショット公開
http://gameaholic.blog34.fc2.com/blog-entry-3146.html


ここ数年で一番びっくりしたゲーム関係のニュース。
心に残るゲームは数多くありますが、やはり「NiGHTS」は別格なのです。
当時値崩れを起こしていたのを大量に購入して、友達に配りまくっていたのを
思い出しました(まだ在庫がありますので、欲しい方はご連絡ください)。

続編が出るなんて、全然想像してませんでした。
しかもWiiなんて!リモコンでの操作も全然問題なさそうですし。
もともとボタン1つしか使いませんもんね。
Aボタンでダッシュ、アクロバット飛行のときはリモコンを直接ひねって
操作するような感じでしょうか。楽しみ!!!!!!!!!!!!!!!

音声や文章によるストーリー展開が全くないにも関わらず、
状況だけで物語を感じさせる作りは今のゲームにも見習って欲しいところ。
学生のときエンディングで泣きましたもん、僕。
絵本も出版されたりしたんですよ。

猛スピードで針の糸を通すようなライン取りで飛行するときの緊張感!
思い出すだけで気持ちがウキウキしてくるような効果音☆
世界の生態系によって変化する、美しい音楽♪

ああ、もう!

2. ディアボロの大冒険

ディアボロの大冒険
http://kmqsoft.blog88.fc2.com/


吹いた。
ジョジョ第5部のボス、ディアボロが主人公の「無限に死ねるRPG」。
いわゆる同人ゲームですけど、このコンセプトを考えた時点で勝ち組ですね。
アイテムが6部の「DISC」になっていて、スタンド能力を発動出来るって言うのも
分かってるな〜という感じです。

windows用なので僕は遊べないんですが、Intel Macに乗り換えたときの
楽しみにしておきます。

3. 最近始めたゲーム
Wii「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」
xbox「スプリンターセル(アジア版)」
GBA「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」
全部お友達から貸してもらってたりします。
だって…買おうと思ってたらみんな持ってるんですもの!
充実のラインナップですが、全部終えるのにどれだけ時間がかかるのか不安です。
ゼルダ、70時間ぐらいかかるみたいですよ…。

4. xbox360体験
ゲームセレブのピースさんのお宅にお邪魔したときに
「ランブルローズ」「ニード・フォー・スピード」「Gears of War」を
ちょっとずつ遊ばせてもらいました。
最近の3Dゲームでは当たり前になっている
HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)レンダリングをちゃんと見たのは
初めてで、逆行ではオブジェクトが自然に白トビしているのに
ビビりました。「Gears of War」、面白かったなあ。
自宅にあったらずっと遊んでそうな気がします。

エロレスこと「ランブルローズ」は女子レスラーのバストの動きが
ありえないことになっていました。
あれは飲みながら遊ぶとチョー面白いですね。

bridge (ブリッジ) 2007年 05月号 [雑誌]
今日は表紙の2人が目当てでbridgeを買って来たので
敏感少年隊とGOING STEADYを久しぶりに聴きながら仕事しています。

岸田君の
「女性がコートを脱ぐときの、あの、禊(みそ)ぎ感がいいんですよ」
というコメントには、なんかグッと来た。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin